“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年06月24日 (金)
投稿者: 小林 祐之

一日で噛める!その日に噛めるようになるインプラントはすごい!

見た目はきれいで自然、噛んだ時もしっかりと力が加わり、固いものでも気兼ねなく食べることができるインプラント。食事をする楽しみがまた戻ってくる、画期的な治療法です。そんな、最近注目のインプラントですが、最近では治療法が進化して、さらにすごいインプラント治療が登場しているのをご存知ですか?

その日のうちに仮歯を装着できる!

オールオン4の治療後はリハビリを大切に

これまでは、抜歯をしてインプラントを埋める手術を行ってから、インプラントと骨がしっかりと一体化するまで、3ヶ月~半年程経過観察をして待つということが一般的でした。しかし最近は歯科技術の進歩で、一定条件をクリアしていれば、抜歯からインプラントを埋める手術、さらに仮歯の装着までを一日のうちに済ますことができるという治療ができるようになりました。その日のうちに仮歯を装着できてしまうので、前日までは入れ歯、当日は仮歯を装着といった、歯がないという期間を0にすることができるのです。すべての歯を人工歯にしなければいけないという方でも、その日のうちにすべての仮歯がそろうので、見た目もとても美しくいられます。

その日のうちに噛める!

その日のうちに噛める!

インプラント手術当日に仮歯を装着できることで大きなメリットとなるのが、固いものでなければその日のうちにその仮歯で噛むことができるというところです。歯がなくて上手に噛むことができないというストレスを感じることなく治療をすすめられますし、仮歯があることで見た目も自然で審美的にも大変魅力的です。総入れ歯の方でも、前日までは入れ歯で食事をし、当日の手術後は仮歯で食事ができるという、手術後から早速入れ歯が必要ない生活にすることが可能です。

「その日のうちに」で得られるメリットがたくさん!

1回の手術で仮歯まで装着してしまうので、従来のインプラントを埋める手術、人工歯を装着する手術と2回の手術を必要とした方法よりも、患者様への負担が少なくて済むこともメリットのひとつです。また、インプラントと骨の一体化を待つという時間を削減できるので、全体の治療期間も大幅に短縮できます。その分、歯医者さんへの通院回数も少なく済みます。
このように、多くのメリットがあるインプラント治療ですが、歯がないという期間が生まれないので、お仕事が接客業の方や人前で話す機会が多いかたにはとてもおすすめです。また、入れ歯などが手術の傷口に当たって痛むことがなく、見た目も入れ歯よりきれいに整うということから、入れ歯からインプラントにしようと検討されている方にも是非おすすめしたい治療法なのです。

^