新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
インプラント
インプラント

ダブルオペレーション

インプラント治療は、正確な位置にインプラントを埋め込むといった高度なテクニックを必要とします。当院では、安全に、そして万全を期した状態でインプラントを行うために「ダブルオペレーション」という方法を取り入れています。

ダブルオペレーションとは

CT撮影

当院で行なっている「ダブルオペレーション」というのは、「二重に手術をする」という意味です。具体的には、事前に患者様の顎骨の骨の状態を再現した立体模型をご用意し、その模型上でインプラント手術のシミュレーションを行ってみた後に、実際のインプラント手術を行う、という方法です。

あらかじめ患者様の骨の状態を立体の状態で手に取り、じっくりと細部まで精査した上でシミュレーションを行うことで、本番の手術の際には、確実な位置にインプラントを埋め込むことが可能になります。これにより、どんなに難しい手術でも安全に行うことができます。
この技術は、当院で導入している北陸地区初導入の3Dプリンター、そして高性能歯科用CT装置によって可能となった、全く新しい技術です。インプラント治療がうまくいくか不安・・という方もぜひご安心ください。

治療の流れ

STEP1 高性能歯科用CTにて撮影を行う

高性能歯科用CTにて撮影を行う
顎骨の状態を立体的に把握するために、CT撮影をさせて頂きます。当院では歯科用のCTスキャンで撮影いたしますので、放射線量を最小限に抑えつつも、高クオリティの撮影が可能です。

STEP2 顎骨の立体模型の作製

顎骨の立体模型の作製
撮影したCTデータを3Dプリンターに送信します。これにより、患者様の顎の骨や歯の状態が忠実に立体的な模型として再現されていきます。

STEP3 立体模型の診査・シミュレーション手術

立体模型の診査・シミュレーション手術
出来上がった立体模型は患者様の顎骨とそっくりそのまま同じ形態です。この立体模型をまずはじっくりと眺めたり、手に取ったりなどしながら観察し、骨の形態や厚みなどの診査を行います。そして、実際に模型にベストな位置にインプラントを埋め込むシミュレーション手術を行います。

STEP4 手術本番

手術本番
立体模型にてトレーニングした後に実際の本番手術を行いますので、安全・確実な位置に手術を行うことができます。
また、実際の手術時に、立体模型を確認しながら手術をすることにより、さらに安全・確実な手術を行うこともできます。

STEP5 お口の中と立体模型の比較

手術本番
歯肉の上から見ると、中の骨はしっかりしてそうに見えることが多いのですが、実際歯茎を開いてみたら、骨がスカスカな状態だった、ということがよくあります。
インプラントをきちんと機能させるためには、骨に埋めた後、インプラントが骨に強固に結合される必要がありますので、まずはインプラントを埋め込んだ際にグラグラせず、しっかりと初期の固定がなされることが必須条件です。
骨がスカスカだとしっかり固定するための準備が必要になってきます。ダブルオペレーションではこのような骨が少なくなっているような難症例でも、事前に十分なトレーニングを行った上で手術に臨むことができるので、安心して取りかかることができます。

インプラント関連メニュー