新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
インプラント
インプラント

治療の流れ

インプラントは天然歯に最も近い治療法です。ですからインプラントさえしておけば安心…と思ってらっしゃる方も多くいらっしゃいます。インプラントはあくまでも総合的な治療の中のひとつの方法であり、より理想的な治療を提供させて頂く為には、歯周病治療、虫歯等の個々の歯の治療、上下の噛み合わせの治療、等々…トータルで治療にあたらせて頂く必要が多々あります。
以下では、しのぶ歯科医院の一般的なインプラント治療の流れをご紹介いたします。

インプラント治療の流れ

[STEP1] カウンセリング

カウンセリング
まずは、患者様のお悩み、治療のご要望などをじっくりとお伺いします。インプラントを含め、可能と思われる他の治療法についても、メリット・デメリット、リスクなどについてわかりやすくご説明いたします。

[STEP2] 診査・診断

診査・診断

お口の状態のチェックを詳しく行います。レントゲン撮影、CT撮影、お口の中の検査などに加え、診断用の模型も作製し、具体的にどのような治療が可能なのかというのを事前に調べておきます。

患者様の健康状態についても問診させていただき、必要がある場合には医科の担当医にインプラント治療が可能かどうかの確認を取らせていただく場合もあります。

[STEP3] 治療方法の説明

診査・診断
診断結果をもとに、治療計画について費用や期間なども含め、詳しくご説明いたします。また、インプラントを行う前に治療が必要な部位があれば、そちらも含めてご説明いたします。患者様のご了承が得られれば、次のステップに入っていきます。

[STEP4] インプラントの埋め込み手術

埋込手術

歯茎に麻酔をしっかりときかせた状態で、インプラントをあごの骨の中に埋め込んでいきます。骨の状態があまり良くない場合には、インプラントを埋め込むのと同時に骨造成手術(骨を作る手術)が必要になる場合もあります。

手術は、血圧・心電図・酸素分圧などのモニタリングをしながら、万全な体制で慎重に行います。手術後は少々安静にしていただきたいですが、入院は必要なく、普段通りの生活をしていただいて結構です。
インプラントオペの所要時間:30〜1時間半程度

[STEP5] インプラントが骨に結合するのを待つ期間

インプラントが骨に結合するのを待つ期間
インプラントの種類と方法によっては、手術後すぐに仮歯を被せて噛み合わせを作ることもあります。ですが多くの場合は、しばらくの間、骨に結合するのを待つための治癒期間をおきます。
治癒期間: 数週間~半年程度
※患者様の状態により個人差があります

[STEP6] 被せ物の装着

被せ物の装着

インプラントと周囲の歯の型を採り、人工の歯を作製してインプラントの上部に取り付け、噛み合わせを作ります。この際、噛み合わせだけでなく、周囲と調和した見た目かどうか、なども確認した上で装着します。

治療の内容によっては、この段階でまず仮の歯を作製し、他の歯とともに口腔内での調整を図ってから、最終的な噛み合わせを作ることもあります。

[STEP7] アフターケア

被せ物の装着

インプラント治療が終わった後は、定期的なメインテナンスが欠かせません。インプラントは虫歯になることはありませんが、歯茎や骨との間から細菌感染を起こして歯周病のような状態になってしまうことがあります(インプラント周囲炎)。

インプラント周囲炎とは、インプラントをダメにしてしまう主な原因です。ですが、しっかりとアフターケアを継続していくことで予防が可能ですので、定期的なアフターケアを欠かさないようにしていきましょう。

インプラント関連メニュー