新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
診療案内
診療案内

歯周病と関連する全身の病気

歯周病の進行と治療法

歯周病は「歯を失うだけ」の病気ではありません

歯周病は「歯を失うだけ」の病気ではありません
歯周病は、現在日本において歯を失う一番の原因となっている病気で、成人の8割がかかっていると言われています。歯周病はかつてより「歯を失う病気」として恐れられていた歯周病ですが、1990年代の終わり頃から、実は歯周病が全身の病気とも深く関わっていることが明らかになってきました。
なぜ、口の中の病気である歯周病が全身に影響を与えるのか、歯周病と関わりの深い病気にはどのようなものがあるのか、詳しく見てみましょう。

歯周病が全身へ影響を与えるのはなぜ?

歯周病が全身へ影響を与えるのはなぜ?
歯周病の原因菌である歯周病菌や歯周病菌の産生物は、歯の周囲の組織を破壊しますが、お口の中だけにとどまらず、様々な経路で全身にも回っていきます。
例えば、血管を通じて全身へ、気管から呼吸器の方に入り肺へ、食道の方から消化器へ、といった具合にです。これらの経路から入り込んだ歯周病菌やその産生物が、全身においてもいろいろな形で影響を与えると考えられています。

歯周病が原因で起こりうる病気

歯周病と関連があるとして、現在知られている全身の病気としては次のようなものが挙げられます。

狭心症・心筋梗塞
狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気は、生活習慣病としてよく知られています。ですが、歯周病にかかっている人は、健康なお口の人と比べてこれらの心臓病にかかりやすいと言われています。とくに重度の歯周病の状態にある人は、よりリスクが高いということが報告されています。
歯周病菌やその産生物がお口の中より血管の中に入り込むと、血管の壁に沈着物ができ、それが剥がれて血栓となって心臓の血管を詰まらせてしまうことで狭心症や心筋梗塞が引き起こされると考えられています。

脳梗塞
こちらは、血管の中に入り込んだ歯周病菌やその産生物が、血管に血管沈着物を作り、それからできた血栓が脳の部分で詰まることで起こります。歯周病の人はお口が健康な人の2.8倍程度も脳梗塞にかかりやすいと言われています。

糖尿病
歯周病と糖尿病の間には特に深い関係があることが知られています。実際、歯周病はかつてより、糖尿病の合併症の一つとして知られていました。つまり、糖尿病の人は歯周病を起こしやすいということが知られていました。
ですが、最近だんだんと、その逆、つまり歯周病にかかっている人は糖尿病にかかりやすいということも明らかになってきました。実際に歯周病の人に対して歯周病の治療を行うと、糖尿病の状態も改善したという報告が多くあります。

誤嚥性肺炎
こちらは、要介護者や高齢者に多く見られるものです。飲み込む機能が低下した人や、反射機能の低下した人では、唾液が気管の方へ誤って入ってしまうことがあります。その際に、歯周病菌が肺の方へ行ってしまい、そこで肺炎を起こすことが報告されています。

早産・低体重児出産
重度の歯周病のある人は、お口が健康な人に比べて低体重児出産や早産するリスクが高いということがわかっています。このメカニズムとして、歯周病菌やその産生物が血管の中を通じて、胎盤へ影響を及ぼすということが考えられています。
歯周病による早産・低体重児出産のリスクは7倍にも上ると言われており、これは喫煙や飲酒、そして高齢出産によるリスクよりも高い数値です。
妊娠中は、唾液の性質の変化、女性ホルモン増加による歯周病菌の増加、つわりによるお口の環境の悪化などにより、歯周病のリスクが通常よりも高まる時期ですので、より一層のお口のケアが必要とされます。

消化器系疾患
歯周病によって胃腸などの消化器にも影響が及ぶことが報告されています。これは、歯周病菌が胃潰瘍や胃がんを引き起こすと言われているピロリ菌と共通する様々な抗原を持っているからだと言われており、それが原因で腹痛や下痢、嘔吐など消化器系の器官に症状を出すのだとされています。

歯周病は全身の健康にも関わってくる病気

今や、歯周病というのは、お口の問題だけではなく、全身の健康にも関わってくる病気なのだという認識を持つことが大事です。歯周病が進行したら、抜いてインプラントや入れ歯にすればいい、というような問題ではないのです。

歯周病は、かつては「年をとったら皆がかかる病気」というように考えられていましたが、現在は、生活習慣病の一つで、予防ができる病気ということがわかっています。皆さんも、全身の健康を保つ意味でも、歯周病ケアを怠らないようにしていきましょう。

その他の歯周病関連メニュー
  1. 歯周病治療
  2. 歯周病の進行と治療の流れ
  3. 歯周病と関連する全身の病気
  4. 歯周病よくある質問
関連メニュー