新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
インプラント
インプラント

光機能化インプラント

光機能化インプラントとは

歯科用CT完備

インプラントとは、虫歯や歯周病などで失ってしまった天然歯の代わりに、チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を装着し、かみ合わせを回復する治療法です。
インプラント治療は1952年にチタンと骨が結合することが発見されて以来、材料にはチタンが用いられるようになり飛躍的な進歩を遂げました。
1990年にはインプラントの表面加工に様々な製法が取り入れられ、骨との接触率や骨結合までの期間は大幅に短縮されました。

しかし、インプラントと骨の接触率は50~60%までが限界でした。
では、なぜインプラントの接触率は100%に出来ないのでしょうか?

インプラント治療が開始されて以来、この疑問に世界の誰も答えることができませんでした。
2009年に世界的に権威ある生体材料雑誌「Biomaterials」に「チタンの時間的な劣化現象」という衝撃的な内容の論文がUCLA(カリフォルニア大学ロサンジェルス校)の小川隆広教授の研究チームより発表されました。
その研究では、インプラントのチタン表面は、加工してすぐの状態では非常に高い骨結合能力を有しているが、その能力は時間経過に伴って減少することを発見しました。

加工直後のインプラントと加工後4週間経過したインプラントの実験。
○古いインプラントの骨接触率は50%程度、
○加工直後の新鮮面では約90%
*インプラントは滅菌加工されていますので、製造より5年間ほどは衛生面では全く問題ございません。

では、インプラントを加工直後に使用することは可能なのでしょうか?
インプラントは製造されてから3日以内には、比較的高い骨結合能力を維持していることがわかっていますが、製造後3日のうちにユーザーである歯科医師にインプラントが届くことはまず不可能です。さらに、日本国内で使用されているほとんどのインプラントは外国製であり、これよりずっと(品質管理の問題から少なくとも3ヶ月以上は経過している)老化し、能力が低下していると推測されます。

この現象の回復方法として開発されたのが、「光機能化技術」です。
光機能化技術とは、紫外線領域内の特殊な光でインプラント表面を処理する技術です。
光機能化により、インプラント表面は、チタン劣化から回復し3つの効果が付与されます。

1つめの効果

1つめの効果

インプラント表面の血液に対する親和性が著しく向上し、骨との結合がより強固になります。

*骨との結合が強固になるのは、血液中には骨が成長するために必要な因子が多量に含まれているためです。

2つめの効果

インプラント周囲に形成される骨の量が増大し、骨形成のスピードが速まる。
下の写真は一定時間内にインプラント表面に接着した骨芽細胞(骨を作る細胞)です。左は通常のインプラント上、右は光機能化後のインプラント上の骨芽細胞の接着状態です。

2つめの効果

結果、光機能化チタン表面上では、インプラント周囲に 形成される骨の量が増大し、また骨形成のスピードも速まります。

3つめの効果

3つめの効果

骨とインプラントの接触率が55%から98%に達する。

光機能化チタン表面での骨インプラント接触率は、98.2%に達し、ほぼ100%の完全な状態と考えられます。この完全に近似した骨形成の現象が、スーパーオッセオインテグレーションと呼ばれる新しい現象であり、数々の有名科学誌、ならびにチタン教科書に定義されました。

エキシマUVインプラント光処理システム

エキシマUV光処理とは

エキシマUVインプラント光処理システム
インプラント体表面をエキシマUV光処理することによりインプラントの成功率の最高の極みを追求します。エキシマUV光処理されたインプラント体表面と血液との高い生体親和性により骨結合を促進させインプラント体の安定性と成功率を向上させます。

プロセス原理は

エキシマUV光によりインプラント体表面に存在する炭素等からなる有機化合物の結合を切断。同時に紫外光を吸収した空気中の酸素は励起酸素原子と同時にオゾンを生成。これがインプラント体表面に反応し有機化合物はCO2等にガス化し分解され残った表面はOH-等により親和性の高い状態となりDental implantのSuper Osseo integrationに貢献致します。

選ばれる理由
〇高速処理時間 全行程2分(高エネルギー光源波長172nm採用)
〇直前に処理が出来るので事前の作り置きが不要
〇インプラントが全く熱くならない常温処理
〇高性能オゾン除害処理ユニット装備
〇低いランニングコスト、通常5年間ランプ交換は不要です。
〇安心の国産メーカー、万全のメンテナンス体制
〇環境にやさしい。水銀UVランプ不使用。
〇平成23-27年度 文部科学省産学協同研究対象製品

※引用サイト http://excimer.co.jp/medical-care/post_79/

インプラント関連メニュー