新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
インプラント
インプラント

X-Guide(Xガイド)

安全・正確に行えるインプラント手術ナビゲーションシステム

当院では、インプラント手術をより安全に、正確な位置に埋められるよう、インプラント手術ナビゲーションシステム、“Xガイド”を導入いたしました。ナビゲーション手術という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、脳神経外科などの分野では安全に治療が行えるよう、すでに20年以上より前から使用されているものです。

Xガイドとは

治療器具

Xガイドは、あごの骨のCTを撮影した後、コンピュータ上にて診断、分析、治療のシミュレーションを行い、そのシミュレーション通りに手術が行われるよう、ナビゲーションしてくれるシステムです。

GPS測定によるナビゲーションシステムを用いて、インプラントを間違いなく最適な位置、角度に埋入することができますので、安心して手術を受けていただくことができます。

トラブルの回避も!

Xガイドを使うことで、歯や骨の状態だけでなく、骨の内部にある神経や血管の様子まで手術中に3D画像で正確に把握できるので、神経、血管を傷つけるというようなインプラント手術中のトラブルを回避することもできます。
Xガイドは、デジタル技術と光学技術を活用しているため、非常に精度が高く、世界30か国以上で導入され(2020年3月現在)、高い評価を得ています。

従来のインプラント手術との比較
治療器具

従来のインプラントではCT撮影後、インプラント手術のシミュレーションの後に、安全に手術を行えるよう、手術用のサージカルテンプレート(マウスピースのようなもの)を作製し、それを用いて手術を行ってきました。

この方法では、サージカルテンプレートの製作や、調整にかかる手間や期間がかかることに加え、様々な工程で少しずつ誤差が積み重なり、それが最終的に大きな誤差となってしまうリスクもあります。Xガイドでは、C T撮影から手術までの工程がデジタル化されることにより、期間短縮、誤差リスクの回避が可能になります。

Xガイドの特徴

手術を安全・正確に行うことができる

手術を安全・正確に行うことができる

CT撮影から手術までのすべての工程がデジタルで行われるため、従来必要だった様々な治療工程が不要となることで、手術の誤差を少なくすることができます。ちなみに誤差は約0.2㎜以内と報告されています。
また、このシステムを使うことにより、骨の中の神経や血管の走行などをリアルタイムで立体的に確認しながら手術を行えるため、手術中のトラブル回避へとつながり、安全、そして正確にインプラントを埋入することができます。

治療期間を短縮できる

治療期間を短縮できる

従来必要としていたサージカルテンプレートの製作、調整を必要としないため、治療までの準備期間が短縮され、結果的に治療期間の短縮につながり、インプラントを早く入れることができます。

お口が開きづらい方でも楽に治療が受けられる

お口が開きづらい方でも楽に治療が受けられる

従来のようなサージカルテンプレートを装着すると、その厚みで術野が狭くなってしまいます。そのため、顎関節症などの理由で口を大きく開けられない患者さんの場合、器具をお口に入れにくくなり、治療が受けられない場合もありました。
サージカルテンプレートを必要としないXガイドによる手術なら、お口が開きづらい患者様でもお口に器具が入りやすくなるため、インプラント治療を受けられる可能性が広がります。

治療の流れ

インプラント関連メニュー