iGOシステムと他の治療法との違い

iGOシステムによるマウスピース矯正は、「前歯の歯並びを少しだけ整えたい」という要望を叶えてくれる、最新のテクノロジーを駆使した、手軽で健康的な矯正治療法です。前歯のちょっとした不正を解決する他の治療法としては、従来から行われている治療として、「非矯正治療で行う方法」、「ワイヤー矯正で行う方法」「他のマウスピース矯正で行う方法」などが挙げられます。iGOシステムで治療をする場合と、他の治療法で治療する場合、どのような違いがあるのか比べてみましょう。

iGOシステムを非矯正治療と比べた場合

iGOシステムと非矯正治療(歯を削って被せたりすることで歯並びを整える治療法)では次のような違いがあります。

aaaa

自然で美しい仕上がり

iGOシステムは、歯を動かして、バランスよく並べ直す方法ですので、ご自分の元々の歯の美しさを生かすことができ、もちろん見た目が自然に仕上がるのが魅力です。ちょっとした歯並びの重なりやすきっ歯は、手っ取り早く治療できるという理由から、歯を削ってかぶせたり、ラミネートベニアという薄いセラミックを貼り付ける、というような方法がよく行われていますが、「自分の歯を削る」という大きな犠牲を伴ってしまいます。このような方法でも見た目を自然にすることは可能ですが、年数がたってくると、歯茎が下がって境目が見えてくると、見た目が悪くなり、やり直しが必要になります。

健康的

iGOシステムは、歯を削らずに歯並びを整えられるので、とても健康的です。また、材料をかぶせたり、貼り付けたりしないので、段差が生じず、プラークが段差に溜まることがないので、歯や歯茎に害を与えません。近年、「歯を出来るだけ削らないことの大切さ」が広く認識されてきており、虫歯でさえもなるべく削らない方向になってきています。健康な歯ならなおさら削らず、できる限り矯正的な方法で直していくのがお口の健康、体の健康にとってもより良い選択だと言えるでしょう。

iGOシステムを従来のワイヤー矯正と比べた場合

iGOシステムは、オーソドックスな従来のワイヤー矯正法と比べ、装置の形態、そして素材の違いという点で次のような違いがあります。

aaaa

目立たない

ワイヤー矯正でも前歯の歯並びを部分的に整えることは可能ですが、装置が歯の表面につく場合、矯正をしていることは一目瞭然になってしまいます。白い装置を使う場合には、目立ちにくくはなりますが、近い距離だと装置がついていることはわかってしまいます。iGOシステムはその点、薄くて透明なマウスピースなので装着していても目立たず、どうしても気になる場合には取り外しておくことも可能で、便利です。

痛みが少なく、快適

ワイヤー矯正のデメリットとして、装置が口の中を傷つけてしまうこと、そして歯が動く際に強い痛みを出すということが挙げられます。従来の矯正方法では、このような痛みは「仕方がないこと」として思われてきましたが、最新のマウスピース矯正であればこのような辛い痛みを最小限にすることができます。

体に優しい

iGOシステムで使うマウスピース装置は、医療用のプラスチックを使用していますので、体に優しいのも特長です。ワイヤー矯正は金属のワイヤーが金属アレルギーを起こす可能性が否定できません。また、ワイヤー矯正の場合、歯が並んだ後に歯の表面に接着するブラケットを除去する際、歯の表面のエナメル質に亀裂が入ってしまうリスクがありますが、iGOシステムのようなマウスピース矯正ではそのような心配もありません。

iGOシステムを他のマウスピース矯正と比べた場合

マウスピース矯正というと、どれも同じようなものだと思われがちなのですが、iGOシステムとインビザラインシステムは、他のマウスピース矯正法とは明らかな違いがあります。それはiGOシステムやインビザラインシステムというのが、最新のテクノロジーを使った特殊な矯正システムであるところから来ています。

aaaa

マウスピースの精度が良い

まず、iGOシステムのマウスピースは非常に精度が高く、歯にぴったりであるということが言えます。他のマウスピースもピッタリなのでは?と思われるかもしれませんが、iGOシステムの技術は型取りの時点から全てデジタル化されたもので、狂いがないのに対し、他のマウスピース矯正の場合には、型取り(材料を口の中に入れて型を取る方法)から、マウスピース作製(技工士による手作業)まで全てアナログな作業になります。アナログな作業は、個人による手技の差も大きく、また材料が変形することもないわけではありません。マウスピースはピッタリ精密に合っているほど、精密に歯を狂いなく動かしてくれるので、精度が高いことはとても重要なことです。

型取りが少なく、楽

iGOシステム矯正のマウスピースを作るための型取りは、iTeroと呼ばれる光学スキャナーで行われます。もはやお口にドロドロとした材料を入れて苦しむ心配はありません。しかも型取りは最初の一回だけで済みますので、従来のマウスピース矯正のように、段階ごとに何度も型取りをする必要もありません。

治療の予測、期間の見通しが立ちやすい

iGOシステム、インビザラインシステムでは、型取りしたデータを、インビザラインでこれまで治療を受けた600万人以上の蓄積されたデータから解析して、歯の動きを人工知能が正確に予想していきます。そのため、歯の動きのパターンや仕上がりのイメージ、治療期間をほぼ正確に知ることができます。これは他のアナログなマウスピース矯正ではできないことです。