新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
インプラント
インプラント

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラント
インプラントをするためには、それを埋める土壌となる骨が必要となるのは言うまでもありません。最近では、骨が足りない場合でもインプラントが行えるような技術がいくつかありますが、骨を増やす手術にも限界がある場合がありますし、骨が少なくても行えるオールオン4も極端に骨が少ないと不可能なことがあります。
ザイゴマインプラントは、そういった、インプラントが非常に難しいケースであっても対応できるように開発された新しいインプラント治療法です。

ザイゴマインプラントとは

CT撮影
通常のインプラント治療というのは、顎の骨にインプラントを埋め込みます。ですが、ザイゴマインプラントは、顎の骨が不十分なので、頬骨(Zygomatic bone:ザイゴマティックボーン)にインプラントを埋め込みます。
CT撮影

「頬骨にインプラントだなんて!」と思う方も多いかもしれません。でも、頬骨というのは、非常に硬い骨があり、インプラントを固定するのに適した場所だと言われています。
頬骨は、顎の骨と違って痩せることがありませんので、通常の顎に埋めるインプラントよりも長いインプラントを埋め込むことができます。それゆえ、しっかりと安定されるインプラントが可能になります。

ザイゴマインプラントは、オールオン4と同様、埋め込むと同時にしっかりとした固定が得られるので、手術してインプラントを埋め込んだその日に固定の歯(仮歯)を入れることも可能です。

CT撮影

ザイゴマインプラントの優れた特徴として、「骨移植を避けられる」ということが挙げられます。ザイゴマインプラントでは、しっかりとした頬骨に長めのインプラントを入れますので、埋め込んだ当初から確実な固定がなされます。そのため、従来、骨がなかった場合に行われていた骨移植を伴ったインプラントのような、余計な手術による体への負担や、治療期間の長期化、といったことを回避することができます。

実際、骨移植を行うケースの場合、骨を移植したあと、ご自分の骨に馴染んで定着するまでの期間が必要です。そのためには少なくとも半年ほど待つ必要がありますし、骨ができた後にインプラントを埋めた後も、インプラントが骨にくっつくまでの期間をさらに数ヶ月待たなければなりません。

このようなことから、インプラントをあきらめてしまわれる方もいらっしゃいましたが、オールオン4やザイゴマインプラントの登場により、骨が少なくなって通常だとインプラントが難しい場合であっても、インプラントができる可能性が広がりました。

ザイゴマインプラントはこんな方におすすめ

CT撮影

1.上あごの骨がほとんどなくオールオン4が不可能だと言われた方

歯周病や虫歯などで歯を失ったあと、骨が極端にやせてしまって非常に薄くなってしまい、オールオン4も難しいケースだと診断された方でもザイゴマインプラントなら可能です。

2.骨移植手術を避けたい方

なるべく骨移植などの骨造成手術を避けて、なるべく期間をかけずに固定式の歯を入れたい方にも適しています。

3.お口のガンなどが原因であごの骨を大きく失ってしまった方

お口のガンなどにより、あごの骨の切除を受け、インプラントを行う骨がほとんどない、もしくは全くなくなってしまっている方でもザイゴマインプラントは可能です。

4.生まれつきあごの骨が欠損している方

口蓋裂(こうがいれつ)、顎裂(がくれつ)といった、生まれつき顎の骨に欠損がある方でも、頬骨に行うザイゴマインプラントなら可能です。

非常に高度な知識と技術を必要とするザイゴマインプラント
ザイゴマインプラントは、通常広く行われている顎の骨に行うインプラントとは違い、「頬骨」という特殊な場所に行います。また、通常よりも長いインプラントを狂いのない正確な位置や角度で埋め込まなければなりません。
それゆえ、治療を行う際には、歯科医師の高度な知識や技術に加え、設備面でも充実している必要性があります。
このような事情から、日本でザイゴマインプラントを取り入れている歯科医院は非常に少ないのが現状です。当院では、ザイゴマインプラントに関する知識、経験ともに豊富な歯科医師が、設備の整った環境で施術を行なっておりますので、ぜひ安心してご相談ください。
インプラント関連メニュー