新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
診療案内
診療案内

審美歯科

審美歯科治療とは

審美治療を受けた女性
審美的歯科治療とは、通常行われている治療に「見た目の美しさ」をプラスした治療の事です。一般的な虫歯治療で使用される「銀歯」は現在も保険適応な詰め物・かぶせ物として使用されていまが、銀歯は目立つからイヤなど不満があるという方は意外と多いものです。その他、歯が黄ばんでいる、歯の根元が黒いなど、人それぞれ悩みは様々です。
しのぶ歯科医院が考える審美的歯科治療とは、単に見せかけの美しさを求めるものではなく、本来の目的は「歯の機能回復」です。
総合的な知識と技術を用い、歯科医学をベースにさまざまな方法で審美的な治療を心がけています。

当院の審美治療

ラミネートベニア

セラミックブラケット
歯の色が黄色い、形が悪い、歯の間に隙間がある等の問題がある人に対して、歯をほとんど削らずに行う方法です。
治療法方は歯のエナメル質という表面をわずかに削り、薄いセラミックを張り付けて行います。

  1. 変色がない
  2. 歯を削る量が少ない
  3. すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン
オールセラミックスは、金属を一切使用しない冠になります。
全てがセラミックで仕上げてあります。審美性はもちろん、耐久性も優れ、これまで不可能とされていた奥歯のブリッジなどにも使用することが可能になりました。

  1. 金属を使用していない為や変色の心配がなく、歯ぐきが黒ずむこともない
  2. 天然歯と見分けがつかないほどの色と形が再現でき、きわめて審美的効果が高い
  3. 矯正を行わず短期間で歯並びを整えたい場合などにも対応可能です
  4. 虫歯になりにくい

セラミックインレー

セラミックインレー
セラミックインレーでは、セラミック製のため経年的な変色がなく、天然の歯と同じような白い色にすることができる審美的メリットがあります。また、虫歯になりにくいのが特徴です。

  1. 虫歯になりにくい
  2. 天然歯と見分けがつかないほどの色と形が再現でき、きわめて審美的効果が高い

差し歯・詰め物の素材について

差し歯・詰め物の素材について
審美的歯科治療は、虫歯や銀歯、入れ歯(義歯)などを白い歯に作り変えることを中心に行われています。
ところが単に白い歯にしただけでは、時間の経過と共に変色したり、歯茎が黒ずんだりするなど、審美的に不都合な現象が出ることがあります。黒い歯茎の原因は、金属によるものが大半です。
口の中の金属が唾液により溶解され、歯茎や周囲の色を黒くしてしまうのです。
また、溶け出した金属のイオンはアレルギー反応を引き起こすことがあります。「金属アレルギー」です。「金属アレルギー」は一度症状が出てしまいますと改善は難しく、深刻です。
現在の審美的歯科治療では、これらの現象を防止でき、色調も大変美しい素材が用いられるようになりました。オールセラミックが代表的なものです。
最も新しい差し歯では、歯の根元部分に「グラスファイバー」を使用し、全く金属を使わずに治療するところまで進んでいます。

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

保険診療と自費診療のどちらを選ぶかによって、費用と素材の品質は大きく異なります。保険診療は費用的に割安ですが、レジンや金属など使用可能な素材が限られます。また、レジンは劣化すると変色するため、品質も劣ります。

自費診療は高価ですが、セラミックなど優れた素材が豊富で目的に合わせて選択できます。変色もほとんどなく、品質的にも安全で優れていますので安心して治療を受けていただけます。奥歯のように目立たない場所を白くする場合、お薦めしているのがハイブリッドセラミックスや審美性レジンによる詰め物の入れ替えです。これらは沢山の色が用意されているので自分の歯に近い色で修復できます。また歯に対して接着性があるため虫歯の再発が少ない治療法です。セラミックに 比べて強度はやや落ちますが、比較的小さな銀歯や欠けた歯の修復に最適です。

関連メニュー