新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
医院の紹介
医院の紹介

ブログ

先週・・・色々盛り沢山でした(^^;

今朝は雪も降り・・・ちょっと寒くなってますね
早く、春が来て欲しいものです・・・(^^;

さて先週は・・・色々とバタバタ忙しかったです

9日(火)には・・・
毎週行っている、僕らのスタディーグループ有志会の
勉強会でした・・・

京セラから担当者がきてくれて、新しい歯科材料や
CAD/CAMのスキャナー・・・など、情報満載で
プレゼンをしてくれました

また・・・11日(木)には、東京にて・・・
シロナ デジタルデンティストリーサミット・・・に、
うちの技工士2名とともに参加してきました

IMG_0877

これは、昨今のデジタル技術がどのように歯科に
応用されているか?など、最新の情報を確認することが
でき、大変、有意義な時間になりました

さらに・・・昨日、14日(日)は、これまた
東京に出向き、セミナーに参加してきました

IMG_0915

これは、歯科医療における治療や、メンテナンス、
また予防に、点滴(たとえば高濃度のビタミンCなど)を
行うためのセミナーです

歯科が口腔内だけをみるのではなく、体全体への
アプローチも含め、統合的に診療をしていくために
こういった療法は、大変重要な役割を担うことに
なっていくだろうと思いますし、
しっかり勉強していきたいと思っています

そんなこんなの、バタバタした先週でしたが・・・
今週もはりきっていきたいと思います

今日の診療後は・・・また有志会の勉強会です

今日は、僕がオペを行い、メンバーの先生方に
ライブオペの見学をしていただきます!!!

さぁ〜て・・・ふぁいとぉ〜〜〜(^^)

 

 

前歯が・・・すきっ歯!で・・・セラミック治療

さぁて・・・今日は・・・
セラミック治療について・・・

前歯が、すいていて(間が空いていて)・・・
気にしていらっしゃる方は、結構いらっしゃいます

たとえば・・・このような状態

IMG_0802

上の前歯も、下の前歯も・・・どちらもすき間が
空いていて・・・見た目によろしくない(++)

歯列矯正治療を行って、間を閉じる・・・と
いうことも可能ですが、このように歯が小さくて
すき間が空いている場合に、歯のすき間を閉じると
全体的に歯の並ぶアーチを小さくするため
歯が全体的に内側に入ってきます

歯は、唇やほっぺた、そして内側の舌・・・という
筋肉組織の力によって、その位置の安定を保って
います

ですので、無理矢理内側に入れてしまうと
その後ずっと・・・それに抵抗するように
舌で内側から前歯を外側へ押し続けることになり
せっかく矯正して並べた歯並びが、安定せずに
またすき間が空いてくる・・・ということに
つながりかねません(><)

患者様の舌や唇の動きなど諸条件を診た上で
決めなくてはいけませんが、このケースでは、
前歯の表面を一層削って、セラミックをはりつける
ラミネートベニア・・・という方法をとりました

で・・・治療して数年後の写真が・・・

IMG_0805

メンテナンスにちゃんと通っていただいている
わけですが・・・非常に安定した状態です

セラミック・・・

この材料は、どんどん進化してきて
今や歯科治療に欠かせないものになりました

さらに勉強し、臨床に有効に活用して
いきたいと思います!!!

 

昨日は金沢でセミナー!ノーベルガイドプランニング教室

昨日は診療を早めに終えて・・・
金沢に移動・・・

ノーベルガイドプランニング教室でした!

僕は、ノーベルガイドプランニング教室という
インプラント治療を正確に確実に行うための
セミナーを、富山と金沢で行っているのですが

昨日は、その金沢開催の日でした・・・

IMG_0798 IMG_0799

集まった歯科医師の先生方が、それぞれの
患者様の症例を相談にいらっしゃいました

また、過去のこのセミナーで相談された症例の
症例報告もありました・・・

臨床医が集まって、様々な見地から患者様の
治療の診断を行い、方針を検討する・・・

これは大変、有意義なことであり、多くの学びを
得る事が、最終的に患者様の利益にもつながる
こととなります

さぁ〜て・・・今日も朝から診療です

はりきっていくぞぉ〜〜〜(^^)

前歯を失ったとき・・・どうする?

なんだか寒い日が続きます・・・
雪はさほどではないですが(^^;

皆さんは今日は・・・恵方巻き!
食べるのでしょうか?
今年の方位は・・・南南東だそうですね
でも一本を丸ごと食べなきゃいけないって
ちょっと・・・なかなかの苦行ですよね www

さて・・・

前歯を何らかの理由で失った時・・・

虫歯、歯周病・・・など色々ありますが、
ぶつけたり外傷によって歯が折れたり、
抜けたりすることにより、歯を失うことに
なる方がいらっしゃいます・・・

そういった方にインプラント治療をおこない
歯を再現させるのは有効な治療法なのですが
前歯なので、特に見た目!!!も非常に
大切なことです

インプラントを植えて、歯を被せて・・・
歯はよみがえったけど、両隣の歯と形の
バランスがとれてなかったり、周りの歯茎の
形が綺麗になってなかったり・・・

インプラント治療をおこなったけれども
なかなか綺麗な結果にならなかった・・・

ということも、聞かれる話です・・・

ではどうしたらいいのか???

インプラントを正確に適切な位置に植える
ということと・・・
周囲の歯茎や骨の処置を丁寧に適切な方法で
おこなう・・・

ということに尽きます!

そのために、当クリニックでは、CT撮影による
映像データを活用し診断し、そのデータを元に
コンピューターガイド手術ということを行うことで
より正確な位置にインプラントを植える・・・
ということをやっています

また、周囲の骨や歯茎を自然に維持するための
移植や様々な処置もおこないます・・・

現在の進化した診断機器や材料、器材を用い、
しっかりとした治療方法をもってインプラント治療に
取り組む事により、より良い結果が得られます

インプラント右上1番補綴前

この方は・・・真ん中の歯の向かって左側の歯が
折れてしまうことで失ってしまい、インプラント治療を
行いました・・・

最終的なセラミックの歯を作るために、歯の色を
確認しているところです・・・

で・・・被せると・・・

インプラント右上1番術後

このように、まわりの歯茎や歯と調和のとれた
セラミック製の歯を入れることができました

IMG_0749

これがレントゲン写真です・・・

ちなみに向かって右側の歯は、セラミック治療を
おこなっています

インプラント右上1番術後

今は・・・様々な器具器材、材料などが進化し、
それとともに、治療技術も発展し続けています

常に情報を収集し、勉強し続けて・・・
より良い医療を提供できるように
したいですね!!!(^^)

昨日は、有志会主催の日高先生講演会でした(^^)

いやぁ〜〜〜・・・雪!!!
積もりましたね(^^;

週明けの今日の仕事は・・・
まずは雪かきでしたぁ〜

さて・・・昨日の雪が降りしきる中・・・
富山県歯科医師会館にて、有志会主催の
講演会を行いました・・・

講演をしていただいたのは・・・
川崎市でご開業の日高豊彦先生です

日高先生は、東京SJCDの顧問をなさっている
日本における歯科医師のトップランナーの
お一人で、素晴らしい歯科の臨床を行って
らっしゃいます

その豊富な経験と知識のもとに行っていただいた
今回の講演会は、大変素晴らしいもので、
参加者全員が感銘を受けたことと思います

今日からの臨床の励みになりましたし、
ますます勉強していかなくてはいけないと
強く思った次第です・・・(^^)

IMG_0635

DSCN1942

で・・・最後に、有志会のメンバーと一緒に
記念撮影!!!(^^)

IMG_0640

日高先生には、僕らのスタディーグループ・・・
有志会の特別顧問にも就任していただきました

これから定期的に富山にきていただき、
僕らに講演をしていただくことになりました!

大変光栄であり、嬉しいことです(^^)

よろしくお願いいたします!!!

セラミック治療の接着・・・のお勉強(^^)

いやぁ〜・・・今シーズンの初めての雪が!!!
と思ったら・・・めっちゃ積もった(++)

今日の朝一のお仕事は・・・
雪かきでしたぁ〜(^^;
スタッフ総出で・・・良い運動しました!

さて・・・昨日の診療後は、火曜日恒例の
有志会勉強会でした!

今回は、イボクラールビバデントというメーカーが
きてくれて、セミナーをしてくださいました

IMG_0555

今、歯科治療において、セラミックによる治療が
多く行われているのですが、最近その中でも
特に良く使われているオールセラミックの材料で
e-max(イーマックス)というのがあります

この材料をつくっているメーカーが、
今回きてくれたイボクラールビバデントという
会社なんです

セラミックという材料は、歯科治療に昔から
使われてきていますが、この e-maxという
材料は、その中でも大変優れた審美性と
強度を備えているため、世界中で非常に
多く使用されているのです

で・・・その優れた材料であるセラミックを
治療に使う際に大事なのが、患者様の歯に
それを接着させるということです

どんなに優れた材料でも、歯に着けることが
うまくできなければ、長持ちしません

今回のセミナーでは、この e-maxをどのように
歯に接着させるか?ということに関しての
お話をしていただきました

患者様の治療を行うとともに、とても
大切な事は、長く機能し続けられるようにする
・・・ということです

日進月歩で、歯科における材料や器具器材が
進化し続けています

そういったことをしっかり情報収集し、
勉強し続けることが大事ですねぇ〜〜〜(^^;

頑張ります!!!

IMG_0566

ホワイトニングとセラミック治療!

今日は関東には雪が降り、交通機関も大混乱!
だったようですねぇ〜(++)

富山はというと・・・雪はそうでもありませんが、
やはり寒くなってきました(><)
暖冬とはいえ、やはり・・・寒い!!!

さて・・・ホワイトニングとセラミック治療について・・・

歯の色を気になさっている方は、
非常にたくさんいらっしゃいます!

多分、皆さんも含め、お友達や周りの方にも
歯の色をなんとかして綺麗にしたい!!!
と思っている方はいるでしょう!

そんな時にはホワイトニング!!!
そしてセラミック治療!!!

この二つの治療法は最近では非常にポピュラーに
なっていて

“ホワイトニングしてほしい!!!”
・・・とか、
“セラミックで綺麗にしてほしい!!!”
とか・・・

と言って、来院なさる方も大勢いらっしゃいます!

さて・・・以下のケースを見てください

ホワイトニング術前

この方は、全体的な歯の黄ばみと、
上の中央の2本の向かって右側の歯の根元が黒ずんでいる
・・・ということを改善したいということで、
来院なさいました

向って右側の歯は、過去にプラスティックの
人工の歯を被せるという治療をした歯であり、
被せ直しをすることになりました

さて・・・ホワイトニングとセラミックで
治療した結果です!

ホワイトニング術後

どうですか?・・・綺麗ですね(^^)

患者様も、大満足です!!!

ホワイトニングで全体的に白く奇麗な歯に
なったのに加え・・・向って右側の歯は
セラミック治療によって、自然観のある前歯を
回復することができました・・・

最近の歯科治療は、材料や器具・機材・・・
そして技術の革新が目覚ましく!・・・
色々なことが可能になっています

綺麗で、機能的にも良い状態で!!!
そしてそれを長く続けられたらいいですね!!!

ノーベルガイドプランニング教室!しのぶ歯科医院にて開催

以前からお伝えしていますように、火曜日は、
僕らのスタディーグループ有志会の勉強会の日です

ですが・・・定期的にその火曜日に、有志会の
勉強会とは別に、ノーベルガイドプランニング教室!
というのを開催しています

昨日の診療後が、その開催日でした

このプランニング教室は、僕が塾長でして・・・
集まられる先生や技工士さん方とともに
より高度なインプラント治療を行うために
勉強を行っているものです

IMG_0489

スライドを映写している状態なので
ちょっと映像が暗いですが(^^;
昨晩のセミナー中の写真です

参加された先生が、インプラントの症例の
相談にいらっしゃっていて、そのケースの
発表をしていただいているところです・・・

このセミナールームの普段の感じは・・・

IMG_0499

こんな感じです(^^)

みんなで集まって、知識レベルを向上させていく!
そのための部屋です!

さぁ〜て・・・さらに頑張っていきたいと思います

 

前歯が折れたときの・・・インプラントおよびセラミック治療

歯を失う原因として、歯周病は非常に多いのですが、
それに匹敵するくらい・・・最近は、外傷などによる
歯の破損や破折・・・というのが増えています!

歯周病が原因で歯を失う場合は、周りの骨を吸収して
しまっている場合が多いので、インプラント治療を行おうと
しても、条件が悪い・・・ということも多々あります。

それに比べ、折れてしまった・・・といった理由で歯を
抜かなくてはいけなくなる場合の多くは、比較的
周りの骨が残っていてインプラントによって治療を行うのに
適している・・・ということが言えます

さて・・・このケース・・・

Implant & Ceramic 11 Pre Ope.

見ての通り・・・前歯が折れてます!

良く診査してみると深いところまで亀裂が入っていて
歯を残すことができません・・・

で・・・抜歯を行いインプラントを入れてセラミックを被せると・・・

Implant & Ceramic 11 Post Ope.

綺麗に前歯が回復しました・・・

単に綺麗な歯が入った・・・というだけでなく
周りの歯ぐきも、周囲と調和して、自然感があります

これは・・・周りの骨があまり損傷を受けていない状態で
インプラント治療に移行したことが、大きく影響しています!

このようなケースは、しっかりとした診断と方法を持って行えば
インプラント治療によって、機能の回復のみならず、審美面の
改善も良好に行うことができます!

インプラント治療も審美的歯科治療も、そして歯科医療全体が
どんどん進化し続け、患者様にとってメリットのある状態に
なってきていますね・・・(^^)

抜歯した後に、すぐに歯が入る治療・・・

今週末は寒波の影響で・・・
多少寒くなってきていますね(++)
雪までは降りそうにないですが・・・

さて・・・インプラント治療について・・・

何らかの理由で歯を抜かなくていけなくなってしまう
患者様は、沢山いらっしゃいます

そして、抜いてしまったところの噛み合わせを
インプラント治療によって行うことになる患者様は
非常に多くいらっしゃいます

その時に問題となってくるのが・・・
治療中に、歯が抜けたままだと・・・困ってしまう!
・・・ということです・・・

特に、前歯がなくて歯抜け状態だと、さすがに
普段の生活において多大な影響がでます
食べにくいこともあるでしょうが、しゃべりにくいことや
なによりも見た目が大問題ですよね・・・(++)

当クリニックにおける治療においても、なんらかの形で
仮の歯を入れるようにするわけですが・・・

現在は、昔と違い・・・その辺りの治療の技術やシステム、
材料や器具などが進化して、歯を抜いたその日のうちに
歯を入れることができる(仮の歯ですが・・・)ことが
多くなってきています

たとえば、この症例・・・

下顎の前歯がグラグラです・・・
抜かなくてはいけません

術前

昔であれば、抜いた後、しばらく待ってから
インプラント治療・・・となるわけで、その間は
歯がない状態で我慢していただくか、取り外しの
入れ歯を作って使っていただくか・・・
なんてことになるわけですが・・・

抜歯と同時にインプラントを入れたところ・・・

インプラント埋入

そして・・・その部位に、仮の歯をつけました!

Tec装着

これは、抜歯も含めて数時間でおこなっている治療です・・・

抜歯をして、歯がない状態でクリニックからお帰りいただく
わけではなく、抜歯の直後に、固定式の歯を入れてから
お帰りいただくわけです・・・

全ての症例にこのようなことができるわけではありませんが、
現在はこのような治療もできるようになっているということです

患者様にとって・・・不快な状態が少なくてすむように
このような治療法を選択していくことが、大変有意義なことであると
思いますし、これからもさらに技術革新は進むと思いますから、
僕らも心して勉強していかなくてはいけませんね!(^^)