医院の紹介

ブログ

抜歯した後に、すぐに歯が入る治療・・・

今週末は寒波の影響で・・・
多少寒くなってきていますね(++)
雪までは降りそうにないですが・・・

さて・・・インプラント治療について・・・

何らかの理由で歯を抜かなくていけなくなってしまう
患者様は、沢山いらっしゃいます

そして、抜いてしまったところの噛み合わせを
インプラント治療によって行うことになる患者様は
非常に多くいらっしゃいます

その時に問題となってくるのが・・・
治療中に、歯が抜けたままだと・・・困ってしまう!
・・・ということです・・・

特に、前歯がなくて歯抜け状態だと、さすがに
普段の生活において多大な影響がでます
食べにくいこともあるでしょうが、しゃべりにくいことや
なによりも見た目が大問題ですよね・・・(++)

当クリニックにおける治療においても、なんらかの形で
仮の歯を入れるようにするわけですが・・・

現在は、昔と違い・・・その辺りの治療の技術やシステム、
材料や器具などが進化して、歯を抜いたその日のうちに
歯を入れることができる(仮の歯ですが・・・)ことが
多くなってきています

たとえば、この症例・・・

下顎の前歯がグラグラです・・・
抜かなくてはいけません

術前

昔であれば、抜いた後、しばらく待ってから
インプラント治療・・・となるわけで、その間は
歯がない状態で我慢していただくか、取り外しの
入れ歯を作って使っていただくか・・・
なんてことになるわけですが・・・

抜歯と同時にインプラントを入れたところ・・・

インプラント埋入

そして・・・その部位に、仮の歯をつけました!

Tec装着

これは、抜歯も含めて数時間でおこなっている治療です・・・

抜歯をして、歯がない状態でクリニックからお帰りいただく
わけではなく、抜歯の直後に、固定式の歯を入れてから
お帰りいただくわけです・・・

全ての症例にこのようなことができるわけではありませんが、
現在はこのような治療もできるようになっているということです

患者様にとって・・・不快な状態が少なくてすむように
このような治療法を選択していくことが、大変有意義なことであると
思いますし、これからもさらに技術革新は進むと思いますから、
僕らも心して勉強していかなくてはいけませんね!(^^)

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

ノーベルガイドプランニング教室

最新記事

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

^