歯科コラム

衛生士による歯科コラム

2018年05月25日 (金)

歯周病のセルフチェックと歯科医院での治療方法

歯周病。30代以上の5人に4人は歯周病にかかっていると言われています。実は世界で一番患者数の多い感染症として、ギネスブックにも記録されています。時代や人種を問わず、多くの人が悩まされる感染症なのです。他人ごととは思わず、常にご自身でもチェックしていく必要があります。今回は歯周病のセルフチェックの方法と、歯科医院での治療方法について解説していきます。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌によって歯の周りの歯周組織が炎症する、感染症のことです。歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目の溝をポケットと言いますが、そこがよく磨かれていないと、そこにプラーク(細菌の塊)が溜まっていきます。このプラークはさまざまな菌で構成されますが、その中にいくつかの歯周病菌があり、それらは繁殖する上で毒素を出していきます。その毒素によってはじめは歯ぐきが炎症を起こします。これが「歯肉炎」という状態です。
そのままその炎症を放置すると、徐々に歯を支えている周りの歯槽骨を溶かしていきます。歯槽骨が少なくなれば少なくなるほど、歯を支えきれなくなるため。歯がグラグラしていきます。最終的には自然と抜けてしまうこともあります。歯周病の直接的な原因は清掃不良なので、若い人でもなる可能性はあります。

歯周病のセルフチェック

以下の項目に当てはまるものがあるか、チェックしてみてください。
・歯を磨くと出血する
・朝起きた時に、口の中がネバネバする
・口臭がきつい
・歯ぐきが赤く腫れている
・歯ぐきから膿が出る
・前と比べて歯が伸びたように見える
・冷たいものがしみるようになった
・歯と歯の間にものが挟まりやすくなった
・固いものを噛みづらくなった
・歯がぐらぐらする
・何年も歯科医院に行っていない
以上の項目に当てはまる方は、歯周病の可能性があります。もちろんそうでない別の原因の場合もありますが、当てはまる方は歯科医院で専門家による検査を受けましょう。

歯周病の進行度

歯周病の進行度
歯周病は進行度によって分けられます。

①初期の歯周病
この時は歯ぐきに炎症が見られますが、まだ歯槽骨が溶かさるほど進行してはいません。歯周病の検査をすると、歯ぐきからの出血が認められます。また歯周ポケットの深さも2~3mm程度です。

②中程度の歯周病
歯周病菌による炎症が歯ぐきだけでなく、歯槽骨にまで影響を与えている状況です。そのためレントゲンを撮ると、歯槽骨が水平的に減っているのが見て取れます。歯が少しグラグラしてくるため、固いものなどを噛むと痛みを感じることがあります。歯周ポケットも3~5mm程度まで深くなります。歯周病の検査で歯ぐきからの出血が認められます。ご自身では気づかないかもしれませんが、家族や周りの方から指摘されるほどの口臭があるかもしれません。

③重度の歯周病
歯周病菌により、歯周組織がかなりの程度破壊されている状態です。レントゲンを撮ると、歯槽骨がかなり減っているのがわかります。歯の動揺は強く、歯が横に揺れるだけでなくたてにも沈み込むため、普通の食事が難しくなります。歯周病の検査をすると出血だけでなく、膿が認められることが多いです。歯周ポケットは5mm以上、10mm以上になることもあります。歯ぐきの腫れが強いため、歯ブラシで磨くことも痛くてできないかもしれません。強い口臭があります。

歯科医院での歯周治療

歯周病の治療のことを、歯科では「歯周治療」と呼びます。歯周治療は、歯周病の進行度に関わりなく行なわれる「歯周基本治療」や、進行度の高い歯周病に行なわれる「外科処置」があります。

①歯周基本治療
歯周病の原因は、「プラーク」とプラークが石灰化して石のように固くなった「歯石」です。この原因を取り除かなければ、歯ぐきの状態は回復しません。専用の機械で歯周ポケットの中に付着した歯石を落としていきます。歯石は一度できてしまうと、歯ブラシでは落とせません。そのため歯科医院で落としてもらう必要があります。
歯がグラグラしている場合は、かみ合わせを調整して弱い歯に負担がかからないように研磨します。
歯周病治療において、日々のご家庭でのケアはとても重要です。そのためブラッシング指導も行っていきます。

②外科処置
歯周病の進行度が高い場合、基本治療に加えて外科処置を行うことが多いです。例えば、麻酔をしてから歯ぐきを切開し、歯周ポケットの下の方に付着した歯石を落とす「フラップ手術」があります。ほかにも、歯周病菌によって溶かされてしまった歯槽骨を再生する手術などもあります。検査をし、その必要に応じてそれらの手術は行なわれていきます。

早めのケアを心がけましょう

歯周病は年齢に関わりなく、誰もがなる危険があります。「自分はまだ若いから大丈夫」とか、「毎日歯磨きしているから大丈夫」と過信することなく、定期的に歯科医院で検診を受けましょう。また、セルフチェックで引っかかった項目があるのなら、一度ご来院していただき、検査することをオススメします。早めのケアを心がけましょう。

歯を折ってしまったときの対処法、およびその後の治療方法

スポーツをしていたり、転んでしまったり、事故にあったりなどして歯を折ってしまったことがあるかもしれません。痛さと衝撃に動揺するのは無理もありません。歯を折ってしまった時、どのように対処したらいいのでしょうか?またその後歯科医院でどのような治療方法があるのでしょうか?わかりやすく解説していきます。

歯を折ってしまった時にしてほしいこと

歯を折ってしまった時にしてほしいこと

①欠片を探す
状態が良ければそのまま歯科用接着剤で着けることが可能な場合もあります。まずは欠片を探しましょう。

②根っこごと抜けた場合は、牛乳につけしましょう
ぶつけ方によっては、歯が根っこごと抜けてしまうことがあります。これを脱臼といいます。歯の根っこには、「歯根膜」という歯と歯槽骨(歯を支える周りの骨)をつなぐ膜があります。この歯根が乾燥してしまうと、歯を再び戻す(再植)ができなくなってしまうため、できれば生理食塩水に入れて乾燥を防ぎましょう。しかし、ほとんどの家庭には生理食塩水はないと思います。そこで牛乳で代用することも可能です。その際、できるだけ無脂肪牛乳を選ぶようにしてください。またポカリスエットなどを使うことも可能です。周りになにもない場合は、土などがついていたらさっと洗ってからお口の中に入れてください。その際、誤って飲み込まないようにだけ注意しましょう。

③痛みがあれば鎮痛剤を飲む
歯を折ってしまった場合、その衝撃で痛みが出ることがあります。また神経の部屋まで歯が欠けた場合、激痛が走ります。痛み止めを服用しましょう。

④出来るだけ早く歯科医院を受診する
欠けた歯を放置するのは危険です。たいして欠けていないと思ったとしても、出来るだけ早く歯科医院を受診しましょう。その際、欠けたり抜けてしまった歯を持参してください。

歯が欠けた時にしてはいけない注意点

①脱臼した歯をゴシゴシ洗わないようにしましょう
歯が抜けてしまった場合、土などの汚れを落とそうと水でゴシゴシ洗いたくなるかもしれません。しかしゴシゴシ洗うなら、歯根膜を傷つけてしまうため、再植することは不可能になります。注意しましょう。

②患部を指や舌で触らないようにしましょう
気になってつい指や舌で患部を触りたくなるかもしれません。しかし、雑菌が入る原因になりますので、刺激しないようにしましょう。

③自分で歯を接着することは絶対にやめましょう
欠けた歯を、一般の接着剤で歯に着けることは絶対にやめましょう。

④放置するのはやめましょう
歯を折ってしまったところをそのまま放置するのは危険です。たとえ痛みがなかったとしても、出来るだけ早く歯科医院を受診するようにしましょう。

その後の治療方法

その後の治療方法
では歯を折ってしまった場合、その後どのような治療をすることが可能なのでしょうか。

①欠けた歯を歯科用接着剤で着ける
状態が良く、それほど大きく欠けていない場合、そのままつけることが可能な場合があります。しかしすべてつけられるというわけではないので、歯科医師に相談しましょう。

②レジンによる修復
欠けたところをコンポジットレジンというプラスチックで修復できる場合があります。

③ラミネートベニア
欠けてしまった歯の表面を一層削り、つけ爪のように薄いセラミックを貼り付ける方法です。適応とならない場合もありますので、歯科医師に相談しましょう。

④再植
歯が根っこごと抜けてしまい、かつその歯の状態が良い場合、その歯をまた元の位置に戻すことを再植といいます。その後両隣の歯と固定します。

⑤神経の治療
歯が折れて神経の部屋が露出した場合は、神経を抜いて消毒する治療を受ける必要があります。その後、土台を入れてクラウンという被せものをします。クラウンは保険適用クラウンと保険適応外のクラウン(セラミッククラウンなど)があります。保険適応のものも、適応外のものもクラウンにはいくつか種類があるので、よく歯科医師と相談してから決めましょう。

⑥抜歯
歯が折れてしまった時、最悪の場合抜かなければならないこともあります。とくに歯にたてに割れてしまい、それが根っこの方まで続く場合は抜歯します。抜歯した後は、部分入れ歯にしたり、ブリッジ、そしてインプラントなどのいくつかの治療方法があります。それぞれの治療方法にはメリット・デメリットがありますので、自分にあった治療方法を選択しましょう。

まとめ

転ぶなどしてはが折れてしまうと、慌ててしまうかもしれません。しかしまずは落ち着いて欠けてしまった歯を探しましょう。根っこごと抜けてしまった場合は、牛乳かポカリスエット、もしくはお口の中に含んで歯科医院に行きましょう。ゴシゴシ洗ったり、乾燥させたまま放置しないように注意してください。できるだけ早く受診するようにしてください。
 そして、その後の治療にはレジンによる修復や、再植、抜歯などさまざまです。欠けてしまった歯の状況によって選択できる治療が変わってきます。よくドクターと相談するようにしてください。その時の状況にあった対処をいたします。

歯ぎしりの原因と対処法

多くの方が、寝ている間に気づかず、歯ぎしりや、食いしばりを経験しています。歯ぎしり食いしばりは、自分自身の歯や顎に大きな負担をかけてしまいますし、周りの人の睡眠を妨害してしまうこともあります。今回は歯ぎしり、食いしばりが起きる原因や、その対処法について解説していきます。

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは、無意識のうちに上下の歯をこすり合わせたり、ぐっと噛みしめることです。歯ぎしりには、3つのタイプがあります。

①グラインディング
グラインディングとは、上下の歯をぎりぎりとこすり合わせるタイプの歯ぎしりです。歯のこすれ合う音が出る、最も知られている歯ぎしりのタイプです。

②クレンチング
クレンチングとは、上下の歯を強く噛みしめる、いわゆる食いしばりです。音が出ないのが特徴のため、周りの人は気づきません。

③タッピング
クレンチングとは、上下の歯を強く噛みしめる、いわゆる食いしばりです。音が出ないのが特徴のため、周りの人は気づきません。

歯ぎしりの原因5つ

歯ぎしりの原因にはいくつか考えられていますが、主な原因として5つ取り上げます。

①ストレス
歯ぎしりの原因として真っ先にあげられるのが、ストレスです。ストレス社会の現代において、年齢に関わりなく誰もがストレスを感じます。私たちの体はストレスを感じると、それを発散しようとします。その発散方法のひとつに、歯ぎしりが考えられています。

②噛合わせのズレ
歯並びが悪かったり、いつも片側ばかりでご飯を食べていると、徐々に噛合わせ外れていきます。また歯の治療中や、抜歯後も噛合わせがズレることがあります。これらが原因となって歯ぎしりが引き起こされることがあります。

③過剰な喫煙・飲酒
近年の研究により、過剰な喫煙・飲酒は歯ぎしりと関係があることがわかってきました。アルコールやニコチンが歯ぎしりを引き起こすと考えられています。

④日常的な食いしばり
起きている時に食いしばる癖のある方は、寝ている間も食いしばりをする傾向にあります。

⑤逆流性食道炎
近年、逆流性食道がんの治療のために、胃酸分泌を抑える薬を飲み始めたら、歯ぎしりも収まったという症例があります。そのため、逆流性食道炎と歯ぎしりは関連があると考えられています。

歯ぎしりがもたらす悪影響

歯ぎしりがもたらす悪影響
歯ぎしりはねている間に起きるため、自分の体重よりも遥かに強い力が歯と顎にかかります。個人差はありますが、その力は100kg以上とも言われています。そのため歯ぎしりを放置していると、たくさんの悪影響が生じます。

①歯がかける、すり減る
毎日上下の歯がぎりぎりと擦り合わされると、歯も徐々にすり減っていきます。歯の表面のエナメル質は、体の中で一番硬い組織ですが、体重以上の力がかかると、割れたり、欠けたりしてしまいます。

②顎関節症
強い力が顎にかかり続けると、顎関節症を引き起こされることがあります。口を開けづらくなったり、開けようとすると痛みを伴うことがあります。

③詰め物が外れやすくなる
強い圧力が歯に加わると、詰め物が外れてしまったり、セラミック等であれば割れてしまうことがあります。またインプラントにも悪影響を及ぼします。

④歯周病の悪化
む歯周病で歯を支える周りの骨が少なくなったところに、強い力が何時間も加わると、さらに骨は減少していきます。そのため歯ぎしりのある方はそうでない方と比べて、歯周病の悪化スピードが早くなります。

⑤頭痛や肩こり
歯ぎしりはお口の中だけに影響を与えるだけではありません。歯ぎしりをすることによって、首や肩、頭の筋肉が固くなるため、痛みを感じやすくなります。

歯ぎしりの対処法

歯ぎしりの治療法や、対処法にはどんなものがあるでしょうか。

①マウスピース治療
自分専用のマウスピースを就寝時につけることにより、歯や顎への負担を減らすことができます。歯科医院でマウスピースを作製してもらいます。歯ぎしりが強い場合、マウスピースに穴が空くことがあります。市販されているマウスピースは、使い方を間違えると噛合わせをずらしてしまう原因になりかねません。歯科医院で自分にあったマウスピースを作成しましょう。

②噛み合わせの治療
むし歯の治療中はお口の中の噛合わせがズレてしまうことがあります。たとえば、詰め物を入れた時に少しまだ高いかなと感じても、遠慮してそのままにしてしまう方がいらっしゃいます。このちょっとした噛合わせのズレが歯ぎしりにつながることがあるため、咬合調整(噛合わせの調整)をしてもらいましょう。

③矯正治療
噛合わせのズレが歯並びの悪さから来ている場合、矯正治療をすることがあります。きれいな歯列、正常な噛合わせの位置に戻していきます。

④ストレスを発散させる
歯ぎしりの主な原因はストレスです。できるだけストレスを溜めない生活を心がけましょう。忙しくても、睡眠の時間を十分にとったり、定期的な運動をすることは、ストレス軽減に役立ちます。

歯ぎしりを放置することは危険です。適切な処置をして、歯や顎、また全身にかかる負担を減らしましょう。

6歳臼歯を守る方法について

6歳臼歯という言葉を聞いたことはありますか?6歳臼歯は、一生の間使っていかなければならない歯ですが、多くの方がむし歯にしてしまいます。今回は、6歳臼歯をむし歯や、他のトラブルから守るための方法について解説していきます。

6歳臼歯とは

6歳臼歯とは

6歳臼歯とは、その名の通り、6歳ごろに生えてくる歯で、多くの子どもの場合一番最初の大人の歯です。第一大臼歯とも言います。1番奥の乳歯のさらに後ろから歯ぐきを突き破って生えてきます。この6歳臼歯は永久歯の中でも特に重要な役割を果たします。上下左右の6歳臼歯で噛む力の85%を担うと言われているほど、一番強い歯です。また、6歳臼歯は一番はじめに生えてくる奥歯の永久歯ため、上下の噛み合わせの位置を決める働きもします。とても重要な歯なのです。

6歳臼歯によく起きるトラブル4つ

6歳臼歯はとても重要な歯ではありますが、同時にトラブルに見舞われやすい歯でもあります。例えば、以下のトラブルが起きることがあります。

①むし歯
6歳臼歯をむし歯にしてしまう子は多いです。一番奥に生えてくるため気付かず、磨きそびれてしまうことがあります。また生えたての歯は、歯ぐきがまだ半分かぶっていたり、手前の乳歯との高さが異なるため、磨きづらくむし歯にしてしまうことがあります。加えて、乳歯と比べると噛み合わせの溝が深く、複雑なため、汚れが残りやすいことも、原因となります。

②歯ぐきの腫れ
6歳臼歯は、歯ぐきを突き破って生えてきます。完全に歯ぐきから出るまでは歯と歯ぐきの境に食べ物のカスが溜まり、細菌が繁殖しやすくなります。そのため、歯ぐきが炎症を起こして腫れたり、痛みが出ることがあります。

③噛むと痛い
上記のように歯ぐきが腫れると、噛んだ時に腫れた歯ぐきに歯が当たって、痛みが生じることがあります。

④6歳臼歯が乳歯に引っかかって出てこない
6歳臼歯が斜めに生えてくると、手前の乳歯に引っかかってしまい、生えてこれなくなることがあります。

6歳臼歯をトラブルから守る方法

6歳臼歯をトラブルから守る方法

①ていねいに磨く
6歳臼歯をむし歯や歯ぐきの腫れから守るのに一番大切なことは、毎日の歯磨きです。6歳臼歯を磨く際は、まず歯ブラシを奥まで持っていってから、頬側に歯ブラシの持ち手をずらします。斜めの角度から歯ブラシを当てることにより、たとえ手前の乳歯との高さが異なっていても、6歳臼歯を磨くことができます。また、歯ぐきがまだかぶっているときは、タフトブラシを活用しましょう。タフトブラシとは、毛先が円錐形、もしくは三角錐になっている小さな歯ブラシです。細かいところに届きやすく、歯ブラシでは磨けない歯と歯ぐきの境目を磨くことができます。

②毎晩の仕上げ磨き
6歳前後の子どもは、まだ自分で歯をしっかりと磨くことができません。そのため、1日1回、できれば夜に大人の方が磨くようにしましょう。お子さんを膝の上に寝かせて、お口の中をよく覗き込みながら、6歳臼歯にしっかりと歯ブラシが当たっていることを確認して磨くようにしてください。

③フッ化物応用
ご自宅で簡単にフッ素を使用する方法は、フッ素配合の歯磨き剤を使用することです。できるなら発泡剤の入っていないジェルタイプのフッ素入り歯磨き剤を使用しましょう。500~1000ppmのフッ素濃度の歯磨き剤を使用すると効果的です。
また、年に2回は歯科医院でのフッ化物塗布をしてもらいましょう。歯科医院で使用されているフッ素は市販されているものよりも高濃度のため、よりむし歯予防に効果的です。生えてきたばかりの歯はまだ弱いため、その時期にフッ化物塗布をすると、より効果を期待できます。

④シーラント
シーラントとは、歯科医院で6歳臼歯の噛合わせの溝をプラスチックで埋める予防処置です。6歳臼歯の溝はとても深く、また複雑なため、食べ物が残りやすく、磨き残しやすいです。これが原因となってむし歯になってしまいます。シーラントをするなら、溝が埋められるため、食べ物が残る心配はありませんし、歯磨きもしやすくなります。

⑤定期的な歯科検診
気付かない間にむし歯になっていたり、その他のトラブルがお口の中で起きていることがあります。そのため、3ヶ月に1度、もしくはそれよりも早い頻度でお口の中を検診してもらったり、クリーニングしてもらいましょう。そしてその時に、歯科衛生士からブラッシング指導も受けるようにしましょう。

まとめ

6歳臼歯は奥に生えてくるため、磨きづらく、また噛合わせの溝が深い歯です。そのため歯ぐきが腫れたり、むし歯などのトラブルが起こりやすいです。6歳臼歯を守るために、以下のことを行いましょう。
・毎日の丁寧な歯磨き
・毎晩の仕上げ磨き
・フッ化物応用
・シーラント
・定期的な歯科検診
6歳臼歯は一生の間使っていかなければならない歯です。毎日のセルフケア、そして歯科医師、歯科衛生士と協力しながらお子さんの歯を守っていきましょう。
気になることがあれば、ぜひ遠慮なくご相談ください。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

   

スルガ銀行

^