院内と設備のご紹介

院内のご紹介

医院外観

医院外観
しのぶ歯科インプラントセンターの外観です。駐車場は16台ご用意しております。

入口

入口
入口前にはスロープもありますので、車椅子やベビーカーの方も困難なく入って頂けます。

受付・待合室

受付・待合室
清潔感のある待合室は治療前にリラックスしていただける空間です。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム
患者様のプライバシーを守る為、完全に個室のカウンセリングルームです。安心してご相談ください。大きなモニタも設置していますので現在のお口の状態や治療内容などもわかりやすくご説明致します。

診療室

診療室
衝立し、半個室になっている診察室(上)と5つの個室(下)を含む10基の診療ユニットがあります。診療内容によってふたつのゾーンに分けられています。

オペ室

オペ室
高度な機能をそろえたオペ室はインプラント治療には欠かせません。スイッチひとつで透明と半透明を切り替えられる見学窓があり、外から中の様子をみることもできます。

技工室

技工室
しのぶ歯科インプラントセンターでは院内に技工室がありその規模は独立技工所並みの規模です。設備はもちろん、院内の連携も上手く取れる為、クオリティの高さには自信があります。

セミナールーム

セミナールーム
120インチのスクリーンを備えたセミナールームは、院内の勉強会などで活用されています。
外から見ると、柱なしで空中に浮かんだキューブの様な空間になっており、外観のポイントにもなっています。

設備のご紹介

歯科用CT

歯科用CT
2次元パノラマでは、厚み、奥行きなど3次元的な情報が分かりません。インプラント手術では、骨内にインプラントを埋め込む必要があるため3次元的な情報の分かるCTでの診断は不可欠になります。

生体監視用モニタ

生体監視用モニタ
生体監視用モニタは心電図・脈拍・血圧酸素飽和度などをチェックするための道具です。インプラントなどの手術の際に、患者様の異常をいち早く察知することが可能です。

ノーベル・クリニシャン

ノーベル・クリニシャン
ノーベル・クリニシャンは、CTスキャンで撮影した患者様のデータを元に、コンピュータ上でシミュレーションを行い、インプラントの位置を決定します。そうすることで、インプラント治療をより安全に行うことができます。

3Dプリンター

3Dプリンター
3Dデータをもとに立体模型を造形することができる3Dプリンターを当院ではインプラント治療で活用しています。
CT画像データを設計図として3D顎骨模型を作成することで今までパソコンの画面上でしか見ることが出来なかった画像データを実際に手に取って触ることが可能になり、手術の効率と安全性がアップします。

スーパークレーブ

スーパークレーブ
歯科治療に使用する器具を滅菌することができます。
スーパークレーブを使えば、従来の滅菌器では届きにくかった器具の隅々まで確実な滅菌を行えますので院内感染を予防することができます。

e-maxプログラマット

e-maxプログラマット
材料に過度な力を与えず、最適な圧力で プレス加工することが出来ますので、材料本来の剛性を保持したまま従来よりも体にやさしく、耐久力のあるオールセラミック歯を製作することができます。