小児歯科

“乳歯”をきちんと知ろう

“乳歯”をきちんと知ろう
小児歯科では、来院することは怖いことではなく、楽しいことだと感じてもらうことを大切にしています。
生えたての歯は、弱くむし歯になりやすい状態です。
お子さまの、食生活やきちんとした歯磨きは大人にしか管理できません。
大人が正しい知識と実行力を持っていれば、お子様の虫歯は防ぐことができます。

乳歯は生え変わるからと油断していませんか?

乳歯はいずれ生え変わるから虫歯になっても大丈夫だと放置する人がいます。乳歯には乳歯の重要な役割がきちんとあります。

~乳歯の役割~
1.乳歯には永久歯を正しい位置に導く役割があります
2.顔や顎の発育を助けたり、顔の形を整える働きをします
3.乳歯が健康であることによって発音が正しくきれいになります
4.食べ物を噛み切ったり、かみ砕いたり、引き裂いたりします

年齢別予防方法

1~2才児

1~2才児
治療が困難なこの時期は予防が中心。フッ素塗布や虫歯進行抑制薬塗布を行います。

3~4才児

3~4才児
お子さまの協力度や保護者の方のご希望により治療法が変わります。お子さまの協力度が低くても、回数をかけてトレーニングしていき出来るようになることもあります。どうしても治療できないお子さまには応急処置+予防処置を提案します。この頃の1~2年でお子さまはとても成長しますので慌てずに応急処置でつなぐのも治療の1つと考えております。

5才児~

5才児~
お話をして安心して治療ができる雰囲気を作れば多くのお子様は上手に治療を受けることができます。そろそろ歯並びもチェックしていきます。

子どもの予防歯科

大人と同じく、お子さまの為の予防歯科も行っています。ご自宅で気軽に試せる「フッ素入り歯磨き」や、歯科医院でしかできない「
フッ素塗布」「シーラント」など。お気軽にお問い合わせください。

フッ素塗布

フッ素塗布
フッ素がより効果を発揮するのは永久歯が生えてきた時期の歯です。
生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。
3~6ヶ月間隔でフッ素塗布をすることにより、より効果的に歯を強くすることができます。

フッ素入り歯磨き

フッ素入り歯磨き
歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります。痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。
毎日の歯磨きでフッ素入りの歯磨き粉を使用して歯そのものを丈夫にし、虫歯を防ぎます。

虫歯を防ぐ為に生活習慣を見直す

1~2才児
乳歯も永久歯も生えてきたばかりの歯は、虫歯になりやすく、進行もとても早いので、子どもの虫歯には注意が必要です。  
特に食生活や歯みがきなど、小さな子どもの虫歯は、保護者の管理が大変重要です。
正しい知識をもって最適なケアを行ない、 子どもの虫歯を作らないようにしましょう。

甘いものを長時間何度も口にしない

糖分を口にすると、虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。
しばらくするとだ液の力によって酸の中和と、再石灰化(溶けだしたミネラルが歯の表面に戻る)がおこなわれ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、一日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続けている状態になってしまいます。

かみごたえがあるものを食べる

「かみごたえ」=「硬さ」ではありません。
歯ぐきの柔らかい子どもに急に硬いものを与えても、歯ぐきを痛め、子どもは硬いものを嫌いにするだけです。
お薦めは根菜、干物や乾物、するめ、ドライフルーツを食事やおやつに適量取り入れましょう。

寝る前1時間の飲食を控える

寝ているあいだは、だ液の分泌量が減り、虫歯の出す酸に抵抗する力が弱まります。
寝る1時間前には、飲食を終わらるようにしましょう。