高濃度ビタミンC点滴療法 Q&A

よくあるご質問について

1回の点滴の時間はどのくらいですか?

高濃度ビタミンCの量で点滴時間は変わります。たいてい1~2時間です。

効果が出るのはいつごろですか?

個人差があります。すぐ感じる人もいますが、継続的治療が効果的ですので、担当の医師とご相談ください。

副作用はありますか?

大きな副作用はありません。

ビタミンCを経口摂取することで同じ効果が得られることができるでしょうか?

ビタミンCをサプリ等で経口摂取するのと、点滴により血管内にとりこむのでは、血中濃度で10~100倍以上と大きな差があります。ビタミンC血中濃度を飛躍的に上昇させると短時間で全身に行き渡り、高い抗酸化作用が得られ、アンチエイジング、美白などの美容効果、疾患予防、身体機能の改善に効果があります。点滴の回数を重ね、血中濃度を保っていくことが美容と健康の維持につながります。

G6PDテストとは何ですか?

G6PDは、抗酸化成分の濃度維持に重要な赤血球にある酵素です。この酵素が遺伝的に欠損していると、高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こすことがあります。
日本人には稀ですが、この酵素の検査を事前に行い、安全に高濃度ビタミンC点滴を受けられるか確認します。

高濃度ビタミンC点滴は健康保険が適用されますか?

現在、高濃度ビタミンC点滴は保険診療の対象外となるため、治療費はすべて自己負担になります。

高濃度ビタミンC点滴はどのクリニックで受けても同じ効果が得られますか?

クリニックによって効果が異なることがあります。安全かつ効果的に点滴を受けるためには下記の2点を確認してください。
1)医師が高濃度ビタミンC点滴に関する正しい知識をもっていること。
2)点滴用ビタミンC製剤が冷蔵で輸送・保存されていること。

しのぶ歯科インプラントセンターでは、上記を満たしており、安全で効果的な高濃度ビタミンC点滴療法を安心して受けていただくことができます。

点滴療法研究会のウェブサイトでは、最先端の点滴療法を安全かつ効果的に提供できる医師(クリニック)を検索することができます。

点滴療法研究会WEBサイト