しのぶ歯科インプラントセンターのご紹介

医院理念

トラブルを未然にふせぐ「予防歯科」をベースにした治療

予防歯科をベースにした治療
これまでの日本の歯科治療は「痛くなってから治療する」のが当たり前でした。
その結果、80歳をこえた時の歯の残存数は8本前後で、他の先進国に比べて極めて少ないのが現状です。
他の先進国との違いは様々ありますがその1つが「予防をしているかどうか」です。健康の為に○○をするという人はいても歯の健康の為に〇〇をするという人は日本ではまだまだ少ないのです。しのぶ歯科インプラントセンターでは予防歯科をベースにした治療でありたい、それが患者様の歯を残すことだと考えています。

スタッフ教育に力を入れ、技術・知識の向上を目指す

スタッフ教育に力を入れ、技術・知識の向上を目指す
しのぶ歯科インプラントセンターでは、医師や衛生士はもちろん、技工士、受付などスタッフ全員参加で症例検討会や勉強会を定期的に行っています。
技術や知識を共有して一人ひとりのレベルが上がるということは医院全体の質が上がることだと考えています。また、モチベーションのアップにもつながります。
手術見学セミナー
症例検討会
独自セミナー
勉強会

患者様の歯を守るための「オーラルリハビリテーション」

従来の治療と当医院が考える治療

~従来の治療~
従来の治療
~当医院が考える治療~
当医院が考える治療

従来の治療は、患者様が訴える主訴の部分を治療してそれで終わりでした。その場では治っているので患者様も満足されます。
ですが、もっと根本的に原因を除去し、機能回復を得られる治療計画を立てる必要性があるのではないでしょうか?
その証拠に、部分的な治療を繰り返し行ってきた結果が、さらに悪い状態になってしまった…という方は、たくさんいらっしゃいます。
当医院が考える治療はその場限りの治療ではくお口全体の機能を考えた治療なのです。

オーラルリハビリテーションという考え方

オーラル = 口腔 リハビリテーション = 機能回復 オーラルリハビリテーションとは口腔内の機能回復

『部分的な機能を回復する治療だけではなく、トータルな治療計画を立てる』

患者様が悩んでいる機能の回復はもちろん、かみ合わせや見た目の回復などを一つの過程とし、最終的には機能回復だけではなく、精神面の幸せも回復することが、このオーラル・リハビリテーションの大きな意味合いと言えます。
インプラント治療、矯正治療、歯周治療、歯内治療、審美歯科治療、そしてかみ合わせ治療...などの専門性の高い治療をトータルで組み合わせ、それぞれの患者様の状態と要望を専門的に診査・診断し、治療とケアを提供していきます。