かみ合わせ治療

かみ合わせが悪いと肩こりになる?(全身の健康とかみ合わせの関係)

かみ合わせが悪いと肩こりになる?(全身の健康とかみ合わせの関係)

“あなたのかみ合わせは正常ですか異常ですか?”と質問されると、多くの方は歯並びのことを連想されると思います。もちろん歯並びの悪い人(例えば出っ歯や受け口、らんぐい歯)は、かみ合わせも悪い場合が多いのですが、単純にイコールではありません。歯並びが良くてもかみ合わせの悪い場合があるのです。

では、かみ合わせとはなんでしょうか?歯並びが良いか悪いかは見ればなんとなくわかると思いますが、かみ合わせの良し悪しは一般の人がちょっと見ただけではわからない場合も多いでしょう・・・かみ合わせとは、上顎に対する下顎の位置関係、さらに大事なのは、身体全体(の重心)に対する下顎の位置関係を示しています。

下顎は上顎および頭の骨に対して両側の顎の関節を介して吊り下げられています。まるで振り子のようになっています。その振り子である下顎が重心のバランスのとれない位置に動かされたらどうなるでしょう?周りの筋肉や神経は無理をしながらも一生懸命それを補正しようとします。

それが長時間・長期間続けば、障害となって症状が現れてくるのは当然です。体力のある頑丈な方は、少しのズレぐらいは許容してしまうかもしれません。しかし、体力のないきゃしゃな方はそうはいきません。様々な症状を引き起こすことになってしまいます。

その引き起こされる症状(以下に列挙...)の多く(特に不定愁訴といわれるもの)は、医療機関を受診し、検査してもらっても、自律神経失調症として片付けられてしまう場合が多いようです。

かみ合わせが悪い場合に引き起こされる可能性のある症状
頭痛、肩こり、背中の痛み、腰痛、目のかすみ、耳鳴り、手足の冷え、手足のしびれ、肌荒れ、血圧異常、心悸亢進、下痢、便秘、生理痛、生理不順、顔が曲がっている、鼻が曲がっている、姿勢が悪い、歩き方がおかしい、等々...

では、かみ合わせの善し悪しをどのように判断したら良いのでしょうか?

上記のような症状の有無によって見当をつけるのもひとつの方法かもしれませんが、やはり、詳しく検査をしてみる方が良いでしょう。問診、触診、視診、歯型の模型、各種レントゲン(パノラマ、セファロ正貌・側貌)、かみ合わせのコンピューターによる解析(シロナソグラフ)等々の様々なデータをもとに診断をしていきます。
現在、思い当たることがある方も、また、症状がなくても将来的に健康を維持したいとお考えの方も、検査をしてみてはいかがでしょうか?

子供のかみ合わせ誘導治療

あなたのお子さんは大丈夫ですか?(将来の美しい顔立ちのために...)

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

さて、最近は小顔ばやりの世の中で、顎の小さい顔がもてはやされているようです。現代っ子をみてみると、下顎のほっそりとした顔立ちがとても多くみられます。しかし、ほっそりとした小顔のオードリー・ヘップバーンも顎はしっかりとした形をしています。ほっそりしているのと萎縮しているのとは違うのです。
日々多くの患者様を診ていると、そういった子供たちのほとんどすべてが、多かれ少なかれ歯並びに問題を抱えているのを目にします。
歯の大きさに対して顎が小さく、歯の並ぶスペースがないのです。歯並びの悪い状態では、ものをかみ砕くこともままならず、清掃も不行き届きなれば虫歯や歯槽膿漏の原因にもなります。

最近、町で歩いている若い年代層を含めた大人たちが、背中を丸め、下顎を少し前に出した状態で軽く口を開けているのを、よく見かけます。明らかに鼻呼吸ではなく、口呼吸をしています。口呼吸は虫歯になりやすかったり、口臭の原因になったりなどの、口腔内の問題のみならず、アレルギーや感染症にかかりやすかったり、全身的にも悪影響を及ぼします。また、姿勢の悪さからくる頚椎などの脊柱のズレは様々な不定愁訴を含む全身の不快症状の原因になっています。

では、どうすればいいのでしょうか?

6歳で顔の骨の80%が完成します。女子は10歳半から12歳にかけて急速に発育し、14歳で発育はほぼ完了します。男子は10歳半から17歳にかけて発育し、20でほぼ完了します。つまり、いかに早く正常な顎の成長発育を促してあげられるかが最大のポイントです。
かみ合わせの悪さと共に引き起こされる、姿勢のズレや口腔をとりまく唇や舌を含む多くの筋肉等の機能異常は、小さい頃から徐々に蓄積されてきた結果であると言えます。
正常な成長発育のレールから逸脱しているのであれば、それを早期のうちに軌道修正することは非常に大事なことであり、遅くなればなるほど、修正は難しくなってきます。
発育が残っている間に治療(発育誘導)を行うことです。
子供によっては4歳ぐらいから治療を開始することが可能です。(取り外し可能なマウスピースの様な装置を使用します。)
特別ひどい痛みを伴うようなことはありませんので、通っている子供たちは当クリニックのスタッフと仲良くしゃべりながら歯ブラシの練習なんかをして楽しみながら治療を進めています。
早いうちからの地道な治療がその子供たちの将来のしっかりとした機能を持ち合わせた美しい顔立ちを形成することになるのです。
お父さん、お母さん・・・手遅れにならないうちに我が子の口の中を覗いてみてください。
では、どうしたら良いのでしょう?改善させるように努力するのはもちろん大切なことですが、子供の頃からそれらを予防する観点で、ケアーしていくのが最善策ではないでしょうか・・・

では...ある9歳の女の子の例をみてみましょう...

初診時

初診時

この写真にみるようにかみ合わせた時に前歯同士が合わさらず、開咬(かいこう)という状態になっています。舌が前歯の間に入り込み、唇をとじる力が弱いために、唇が若干厚ぼったく、笑った時の口角(唇の端)も下がっています。
この子には、上顎と下顎のそれぞれの不調和を是正し、舌の悪い癖(前歯の間に挟み込む)を止めさせる為の取外し可能な装置と、唇の筋をトレーニングするリップトレーナー(商品名:パタカラ ユーミー)を使用してもらいました。

半年後

半年後

これはあくまでも一つの例ですが、早いうちから適切な対応をしていくことによって、かみ合わせや歯並びが良くなるということのみならず、美しい笑顔をそなえた素敵な顔に成長していくことが可能なのです。

子供の噛み合わせ誘導治療についてくわしく知りたい方はこちらへ。
床矯正研究会HP