インプラント治療

スタッフブログ

2018年4月3日 Nobel Guide Planning 教室

2018年4月3日、当院セミナー室にて院長小林先生が塾長を務める Nobel Guide Planning 教室がありました。

内容:

・佐々木先生より症例相談2ケース

・山脇先生より症例相談1ケース

・杉本先生より症例相談1ケース

・小林先生よりインプラント治療のトピックスについて情報提供

佐々木先生のケースでは、即時荷重しないAll-on-4における傾斜埋入の是非をディスカッションしました。

また杉本先生のケースではTriangle of Bone という最新の考え方における理想的な埋入ポジションのお話がありました。

その後小林先生より、インプラントの補綴様式や手術から補綴への移行、One Abutment One Time コンセプトなど最新のトピックスについて情報提供がありました。

 

 

 

2018年5月15日 Nobel Guide Planning 教室

5月15日プランニング教室では

・山脇先生より2ケース症例相談

・佐々木先生より1ケース症例相談

・小林先生より今までのインプラント補綴とこれからのインプラント補綴についてのお話しがありました。

 

 

2018年8月7日 Nobel Guide Planning 教室

2018年8月7日、当院セミナー室にて院長小林先生が塾長を務める Nobel Guide Planning 教室がありました。

内容:

・高道先生より症例相談1件

・羽田先生より症例報告1件

・岡崎先生より症例報告1件、症例相談1件

・山脇先生より症例相談1件

重度のインプラント周囲炎に対しEr:YAG レーザーでの治療が可能か、それとも撤去して再埋入するか、また再埋入にあたってベストなインプラントポジションのレクチャーやディスカッションなど普段のプランニング教室の内容に加え、羽田先生よりインプラントオーバーデンチャーのケースの症例報告や、岡崎先生より顎関節治療の診断にノーベルクリニシャンを用いた症例報告がありました。

2018年9月18日 Nobel Guide Planning 教室

今回は高道先生、山脇先生、石坂先生、杉本先生より、インプラントの埋入相談についてのプランニングセミナーを行いました。

その中で、患者さんの要望を尊重する事も大事ですが、将来的な事を考えた場合、

さらに良い方を探し見極め、患者さんに提案することも重要だと学びました。

 

 

2018年10月30日 Nobel Guide Planning 教室

2018年10月30日、第104回 Nobel Guide Planning 教室を開催いたしました。
 
内容は、下記の通りです。
 
・萩中先生より症例相談3件
・山脇先生より症例相談1件
・杉本先生より症例相談1件
・高道先生より症例相談1件
 
インプラント埋入の症例相談では、埋入するにあたって最適なポジショニングや、外科的な侵襲を減らすためのプランニングを、
 
ご高齢の患者さんの症例相談では、より早い機能回復を狙い、最終的なゴールを見据えたうえで、段階的に治療をを行っていくことなど
を、小林先生からご教示いただきました。
 
 
 
 

2018年12月11日 Nobel Guide Planning 教室

2018年12月11日、第106回 Nobel Guide Planning 教室を開催いたしました。
 
内容は、下記の通りです。
 
・杉本先生より症例相談1件
・岡崎考亮先生より症例報告1件
 
骨が細い、もしくは吸収している箇所への埋入ポジションの考え方や、
 
歯の崩壊を食い止めるために、上顎から補綴を進め、速やかに臼歯のバーティカルストップをつくることが
 
患者さんの健康寿命をのばすことに繋がるということを学びました。
 
 
症例相談、報告終了後には、祐之先生より、抜歯即時荷重でインプラントを埋入したケース、
 
また、患者さんの咬合関係を見極め、埋入ポジションを工夫されたケース等をご紹介頂きました。
 
 

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

ノーベルガイドプランニング教室

最新記事

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

^