“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2018年02月16日 (金)
投稿者: 小林 祐之

歯茎から血が出る場合にしておきたい、歯磨きで出来る毎日の歯周病対策

歯磨きをしている際に出血した事はありませんか?それはもしかしたら歯肉炎の症状が出ているかもしれません。歯肉炎は放置しておくと歯周炎に発展する恐れがあります。歯肉炎と歯周炎は似ている言葉ですが症状は全く異なります。歯肉炎と歯周炎を合わせて歯周病と呼びます。
歯周病は発症してからでは遅く日々の歯磨きで予防することができます。今回は患者さん自らが自宅で歯周病予防できる歯磨きの仕方についてご紹介していきます。実際に自宅で実践してみてください。

歯磨きで歯周病対策

歯磨きで歯周病対策

歯周病とは恐ろしい病気で、症状があまり出ないのにもかかわらず進行していきます。患者さんが歯周病かもと思い来院されるときにはすでに進行していることが多いです。歯周病は最終的に歯がグラグラして抜けてしまいます。
歯周病に対して最も予防効果が高いのが歯磨きです。歯磨きを丁寧にそして確実に行うことで歯周病を対策できます。
なぜ歯磨きが歯周病対策に最適かというと歯周病は歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝から始まるからです。
歯周ポケットの中に細菌が侵入し、増殖すると歯周病がひどくなっていきます。そこで細菌が歯周ポケット内に入ってもすぐに除去する必要があるのです。
歯磨きをするときには歯周ポケットを意識した歯磨きをするようにします。

磨き方や注意点

具体的には歯と歯茎の間の歯周ポケットへ毛先を向けて小刻みに優しい力で磨きます。力強く磨いてしまうと歯茎を傷つけることになるので柔らかい毛の歯ブラシを使用するようにしましょう。
歯周病に効果が期待出来る歯磨き粉も最近では売られています。しかし、歯磨き粉の中には発泡剤という泡が出る成分が入っています。泡が増えると磨けているかのような感覚になってしまうので最初は使用しないで磨いて、仕上げに爽快感を得るために歯磨き粉を使用して歯磨きをするようにしてみてください。

清掃補助具も使うと効率アップ

清掃補助具も使うと効率アップ

歯肉炎や歯周病の予防には歯磨きが重要だと伝えてきましたが、歯ブラシだけでは口の中のプラークを完全には除去できません。だいたい60%程度と言われていますが、その理由としては歯と歯の間に挟まっている汚れが取れないからです。
歯と歯の間にはデンタルフロスや歯間ブラシを使うようにしましょう。
他にも洗口剤としてマウスウォッシュを使うのも薬効効果が粘膜や歯に効くので期待できます。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

   

スルガ銀行

^