“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2018年01月5日 (金)

当てはまったら歯周病かも…今すぐセルフチェックしてみよう!

歯周病予防のオーラルケアグッズや、歯周病についてテレビでも取り扱われるようになってきました。少し昔であれば、歯周病はただの磨き残しが原因だと考えられていましたが今では全身疾患との関係性も注目されてきています。
患者数は非常に多く、60歳以上の人の約9割が歯周疾患を罹患していると言われています(厚生労働省調べ)。多くの人が歯周疾患を罹患しているのにもかかわらず、歯科医院への受診率は他科に比べて低く、治療を進めていないのが現状です。
歯周病は症状によって進行程度が変わってきます。みなさんにもセルフチェックをして、自分が歯周病になっているのか、もしなっていたら進行度はどの程度なのかを判断してみて下さい。

●歯周病は症状が出にくい

歯周病は症状が出にくい

まず、最初に紹介するのは「歯周病とは」についてです。多くの人は歯が抜ける病気が歯周病だと思っているのではないでしょうか。歯周病を放置すれば最終的に歯が抜けてしまうのですが、歯周病は結果よりもプロセスが大切になります。
歯周病とは歯周疾患の総称で実は、歯肉炎と歯周炎の2種類に分けることができます。歯肉炎とは歯茎だけに限局して炎症が起きている状態です。歯肉炎を放置しておくと歯周炎になってしまいます。一方歯周炎とは、歯を支える骨や歯の周囲組織である歯茎などへ炎症が波及している状態です。歯肉炎のように限局しているわけではなく広範囲に広がるというのがポイントです。
歯肉炎も歯周炎も、痛みが出るというわけではなく無症状で進行していきます。よって歯科医院へ来たときはすでに進行している状態であることがほとんどなのです。
また、定期健診などで歯医者さんから歯肉炎や歯周炎の指摘があっても何も困ったことがないので通わないという方もいます。

●歯周病の症状:軽度

歯周病の軽度の状態というのは、歯肉炎の状態です。歯肉炎は歯茎に限局している炎症で、人間の身体は炎症が起きていると出血がしやすくなります。歯磨きをしたときに歯茎から血が出る人は歯肉炎になっていると考えてよいでしょう。またごく初期の歯肉炎の場合、歯茎と歯の境の粘膜に赤い発赤が出ることがあります。
セルフチェックのポイント
・ 歯磨きをするときに血が出る
・ 歯茎が少し赤っぽい
・ 最近時間がなくて歯磨きの時間が取れていない
・ 毎日歯磨きは3分以内
これらのことが当てはまれば、歯肉炎になるリスクや歯肉炎になっている可能性が上がります。

●歯周病:中度

歯周病の中度の症状は、歯肉炎から歯周炎へと移行する時期です。このころになると歯肉炎は進行しています。この時期に顕著に出てくるのは「臭い」です。口臭が気になるようになりますが、口臭は人から指摘されにくく、自分でも気づきにくいのが難点です。口臭には2種類あります。1つは、プラークが原因となる口臭と歯周病由来の口臭ですが、プラークが原因となっている口臭は起床時に口臭が強くなる傾向があります。これは就寝時にプラークを洗ってくれる唾液の分泌量が減少するので口腔内にプラークが多くなるからです。それに比べ2つ目の歯周病由来の口臭は、起床時や食後など関係なく口臭がするのが特長です。人から指摘されると、不快な気持ちになるかもしれませんがこれをきっかけに歯科医院へ行くようにしてみてはどうでしょうか。
他にも、歯茎だけの歯肉炎から歯周組織全体の歯周炎へと移行している時期なので唾液にも粘り気がでてきます。
セルフチェックのポイント
・ 口の中がネバネバしている
・ 口臭を指摘された(自分で臭う)
・ 歯茎からの出血が起きる
・ 歯茎が痩せてきたような気がする
これらに当てはまると歯周病の中度症状が出ている可能性があります。

●歯周病:重度

●神経を抜いた後の治療の流れ

歯周病の重度の症状には大きな特徴があります。それが「歯の揺れ」です。
歯を支えている顎の骨まで溶け出してしまうので、歯が支えられなくなりグラグラ揺れてしまうのです。歯が揺れ出すと痛みを覚えることが多く、この段階になってやっと歯科医院へ来院する患者さんが多いです。
また口臭は中度のときよりも強くなっており、周囲の人からの指摘も多くなります。そして歯茎が下がってしまい歯が長く見えます。歯周病重度になると見た目でも臭いでも物理的に歯へも影響が出てきてしまうのです。
セルフチェックのポイント
・ 歯がグラグラしてきた
・ 歯茎が下がって歯が長く見える
・ 激しい口臭がある
・ 歯茎から膿が出ている
・ 口の中がネバネバしている

●歯周病予防には

歯周病は、どうやって予防すれば良いのでしょうか。答えは簡単です。毎日しっかりと歯を磨くことです。これができていれば、歯周病や虫歯にはなりません!しかし、国民の多くが歯周病になっている時代です。これは、ほとんどの人が歯を正しく磨けていないということが言えるでしょう。というのも、歯ブラシだけでは全体の60%程度しかプラークを落とせていなく、残りの約40%のプラークは、歯と歯の間に挟まってしまっています。歯と歯の間に挟まっているプラークを除去するのには、歯間ブラシやデンタルフロスを使用しましょう。デンタルフロスや歯間ブラシを使用しているかどうかで、予防効果が大きく変わってくるのです。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は
8/22(水)、9/25(火)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^