“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2018年06月1日 (金)
投稿者: 小林 祐之

オールオン4の術後は腫れる?手術後に気を付けたいこと

インプラント治療の中でも最新技術といわれる「オールオン4」。全く歯がない人でも、手術のその日から仮歯の装着ができるので、とてもスピーディーにお口の審美性(見た目のきれいさ)を回復することが可能です。仮歯があるので当日の食事もできるのですが、実際、どの程度の食事ができるのか、そして手術後の腫れや痛みはどの程度なのか、気になりますよね。手術後に気を付けたいことと合わせてご説明します。

●オールオン4手術当日について

オールオン4手術当日について

オールオン4手術の簡単な流れをご説明します。
まず、麻酔を行いインプラントを埋め込む準備を整えます。その後、片顎につき4か所歯茎に小さな穴を空け、インプラントを埋め入れていきます。インプラントをすべて埋め終えたら、人工歯とインプラントをつなげるアバットメントを装着し、切りひらいた歯茎を縫い合わせます。ここまでが外科手術の部分です。
手術後は出血があるため、小1時間ほど止血のために休みます。止血できた後は、噛み合わせの調整をしながら仮の人工歯のブリッジを装着します。手術当日は、インプラントを埋め込む手術から仮の人工歯を取り付けるまでを行い、その後はインプラントと骨がしっかりと結合するまで、仮の人工歯で過ごすことになります。

●手術後の腫れや痛みはある?気を付けることは?

手術直後はまだ麻酔が効いていますので、頬や舌、唇の感覚がなく違和感を感じます。麻酔の効果が切れるまでに3時間ほどかかりますが、口内感覚がない状態なので飲食は控えましょう。
また、外科手術を行った後ですので、腫れや痛みは多少あります。これはインプラントに限ったことではなく、どのような外科手術にもよくあるものです。手術後の腫れや痛みは、術後24時間~48時間にピークとなるといわれており、だいたい1週間くらいは腫れの症状がでると考えておきましょう。手術をした部分の腫れや痛みが気になる場合は冷やすことで少し軽減されますが、氷水などあまりに冷たいもので冷やすと治りが悪くなる可能性があるので、水道水などで冷やすことが望ましいです。

●手術後の食事はどうしたらいい?いつから自由に食事できるの?

手術後の食事はどうしたらいい?いつから自由に食事できるの?

仮歯の装着まで済ませられるため、当日も歯で噛むことは可能です。しかし、埋めたてのインプラントはまだ骨と結合しておらず、歯も仮の人工歯であるため十分な強度はありません。天然歯のように手術当日からしっかり噛めると思われがちですが、当日から2週間ほどはほとんど噛まなくてもよいような、流動食に近い食事を召し上がることをおすすめします。また、アルコールの摂取についても手術後2週間ほど、抜歯をするまでは控えておきましょう。その後も、インプラントと骨が結合するまでは飲みすぎに注意が必要です。ある程度の食事ができるようになっても、手術後1ヵ月半が経過するまでは硬い食べ物は避けてください。流動食とまでは言いませんが、それでもあまり噛む力が必要のない、柔らかいものを選びましょう。特に、手術後約3週間の頃は、埋め込んだインプラントが1度ゆるんでしまう現象が起こります。1度ゆるんで、その後また骨と結合していくのでこの時のゆるみは問題ありませんが、ゆるむ時期に硬いものを食べるとインプラントがずれてしまったり、破損してしまう可能性があるので注意しましょう。
手術後の経過観察で、インプラントと骨がしっかりと結合したことが確認できれば、その後は自由に食事をすることが可能です。天然歯のように、硬いものでもしっかりと噛むことができるようになります。

●歯のケアも気を付けよう!意外とこれダメがあるんです

手術後の部位は腫れや炎症を起こしていることがありますから、通常の歯磨きにおいても注意が必要です。いつものようにゴシゴシと磨いてしまうと、傷口を傷つけたり開いてしまうことがあります。歯磨きは傷口に触れないようにし、歯科医師の指示に従って行いましょう。また、うがいについても、水道水または歯科医院で処方されたうがい薬を用いるようにしてください。市販の消毒効果が高いうがい薬を使用すると、治りかけている傷口の細胞に強い刺激を与えてしまいます。手術部分の治りが悪くなり、なかなか仮歯から本来の人工歯へ移行できないということにもなりかねませんので、注意しましょう。
オールオン4は、手術当日から噛むことができる、スピーディーなインプラント治療方法だと言われていますが、手術後に気を付けなければいけないことは多くあります。もちろん、当日に仮歯まで装着でき、見た目のきれいさ(審美性)が1日のうちに手に入ることはとても大きなメリットです。しかしそれ以上に、手術後の過ごし方やケアを正しく行うことでいかにインプラントを長持ちさせ、しっかりと噛むことのできる生活を送るかの方が大切です。オールオン4手術を受けられる方は、気を付けるべきことをきちんと把握して、一生ものとしての歯を手に入れてくださいね。

^