“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年01月12日 (火)
投稿者: 小林 祐之

【初心者向け】オールオン4のメリットとデメリット

自身の歯がまったくない方や、骨の薄い方、歯槽骨を失った方といった、従来のインプラント治療では不可能とされてきた方でも、インプラントで美しい歯並びが取り戻せるオールオン4。
画期的な治療法として注目を集める一方で、デメリットはないのでしょうか。今回は、オールオン4のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきます。

通常のインプラント治療が困難な方でも可能になるオールオン4

通常のインプラント治療が困難な方でも可能になるオールオン4

オールオン4の最大の特徴は、総義歯の方でも、埋め込むインプラントの数を上下それぞれ4本~6本まで抑えられること。インプラントの数が多いほど手術は困難になりますし、腫れがひどくなって回復も遅れます。さらに、インプラントの数が多くなればなるほど、治療にあたっての費用もかさみます。これまでのインプラント治療では、8から14本のインプラントが必要とされていたことと比べると、オールオン4では、患者様の生活面・精神面・費用面で劇的に負担が少なくなったことがわかります。
オールオン4の上部構造の特徴のひとつに、人工歯肉付きという点があります。人工歯肉で歯だけでなく歯槽骨まで再現することで、骨の薄い方、歯槽骨を失った方でも大掛かりな骨の移植手術が必要なくなりますし、自然な歯並びが再現できるのです。

手術の失敗やホームケア不足によるリスクも

手術の失敗やホームケア不足によるリスクも
このようにすぐれたオールオン4にも、リスクがあります。オールオン4に限らず、インプラント手術には、失敗も起きているのが事実です。
とくに治療歴の少ない歯科医師の場合起こりやすいのですが、上あごの治療は難しく、インプラントを埋入する位置や角度、深さを誤ると、神経や血管を傷つけ、出血やしびれ、麻痺などを引き起こすこともあります。
また、術後のメンテナンスも必要です。日々のホームケア(ブラッシング)を怠ると、食べかすや磨き残しがプラークと言われる細菌のかたまりになり、インプラントを支える骨や歯茎を傷める原因になります。こうした状態をインプラント周囲炎といい、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまうこともあるのです。加えて、破損がないかをチェックするために、定期的に歯科医院での検診を受ける必要があります。

どんな治療でもメリットとデメリットはつきもの

オールオン4に限らず、どんな歯科治療でもメリットとデメリットはつきものです。
良い点ばかりに目が行きがちになりますが、きちんと治療のデメリットも把握したうえで、適切な治療方法を示してくれる、すぐれた歯科医との出会いが大切になります。

一度しのぶ歯科へご相談してみては如何でしょうか?

^