歯科コラム

衛生士による歯科コラム

2018年10月12日 (金)
投稿者: 笹岡

舌痛症の原因と対処法について

気づくといつも、舌がピリピリ、ヒリヒリするように感じたことはありますか?特にやけどなどの思い当たることがないのに、そのように感じるのは“舌痛症”が原因かもしれません。今回は、舌痛症の原因や症状、その対処法について解説していきます。

舌痛症とはどのような病気?

舌痛症とはどのような病気?

舌痛症は名前の通り、舌の粘膜にピリピリ、ヒリヒリと感じる痛みを伴います。カーっと熱くなるような灼熱感を伴うこともあります。舌痛症は、「口腔内灼熱症候群(バーニングマウス症候群)」とも呼ばれます。舌痛症は、特に舌の粘膜にはなんの異常もないのに、痛みを感じます。1日のうち2時間以上痛みが続き、その症状が3ヶ月以上続きます。痛みには波があります。寝ている間は痛みを感じることがないので、睡眠に影響はありません。しかし、起きている間は痛みが続き、気になって時には仕事や家事も手が付かなくなる場合もあります。
 舌の粘膜に潰瘍などの明らかな病変がなく、血液検査をしても異常は見られません。患者さん自身が訴える痛みだけが症状のため、他の人からは理解されにくいという特徴があります。

舌痛症の原因はまだ解明されていない

舌痛症は、以前から研究されていますが、直接の原因はまだ解明されていません。しかし、いくつかの要因が考えられています。

①過度のストレス
舌痛症は、過度のストレスがあるとそれが引き金となって、症状が現れることがあります。舌痛症の多くは極度のストレスを抱えている方が多く、時にはうつ症状を伴うこともあります。また、身近な人ががんで亡くなったことがきっかけとなり、がんへの恐怖心が関係していることもあります。

②ホルモンバランスの変化
舌痛症は、0.7%~3%の確率で発症すると言われています。そして閉経後の女性に多いです。そのため、ホルモンバランスの変化も、舌痛症を引き起こす要因となると考えられています。

③慢性的な刺激
例えば、合わない被せ物や入れ歯を使っていたり、長年仮歯の状態で治療を止めていたりすると、舌先や舌の縁に痛みを感じるようになることがあります。また、お口の中が乾燥していると、唾液による潤滑油の役割りがなくなるため、粘膜に痛みを伴うことがあります。他にも歯科治療後に、舌痛症の症状が現れる場合もあります。

④神経痛
舌痛症は神経痛の一種ではないか、と考える研究者もいます。脳の機能に一部以上が生じ、特に原因がないにもかかわらず、痛みを感じてしまうのです。

しかし、上記にもあるように舌痛症の特定の原因はまだわかっていません。1つだけの原因だけではなく、いくつかの要因が積み重なって起こることも考えられています。

舌痛症の対処法・治療法

舌痛症の対処法・治療法

では、舌痛症で悩んでいる場合、どんな事ができるのでしょうか。
舌痛症は原因がはっきりしていません。そのため、原因のわかっている病気のように手術や、その他のはっきりとした治療法が確立しているわけではありません。いくつかの対処法を試して症状を軽減させていく、「対処療法」がとられます。

①薬物療法
おもに、抗うつ薬が処方されます。舌痛症は不安やうつ症状を伴うことがあり、その原因はストレスが関係していると考えられています。また、神経痛の一種とも考えられており、脳の機能のバランスを立て直すためにも抗うつ薬が使用されます。実際、服用して痛みが和らいだと感じる患者さんは多いです。少なくとも6ヶ月ほど服用し、症状が落ち着いている場合は、徐々に薬の量を減らしていきます。

②お口の中を保湿する
口腔乾燥が原因で舌痛症が引き起こされている場合は、お口の中が乾燥しないようにします。唾液マッサージをして唾液の分泌量を増やしたり、こまめに水分補給をします。

③適切な歯科治療を受ける
お口の中に合わない被せ物や、入れ歯、仮歯などがある場合、適切な歯科治療を受けてその原因を取り除きましょう。また大きな虫歯や欠けている歯がある場合も、それが刺激となって舌痛症を招く恐れがあります。適切な処置を受けましょう。

④ストレスをこまめに発散させる
舌痛症は、ストレスと関係があると言われています。そのためこまめにストレスを発散させるなどして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。バランスの取れた食生活、また適度な運動なども助けになります。そして、十分な睡眠時間を確保しましょう。

まとめ

舌痛症は、患者さん本人が感じる舌の粘膜のヒリヒリとした痛みや、カーっとした灼熱感が特徴です。特に舌の粘膜には異常が見られないため、他の人から理解されにくく、より悩んでしまう方が多いです。
 直接の原因はまだわかっておらず、過度のストレスや、ホルモンバランスの変化、慢性的な刺激、神経痛の一種などが考えられています。
 治療法は確立されていないため、いくつかの方法を試されることがありますが、代表的なものには抗うつ薬の投与があります。できるだけ普段から、ストレスを溜めないように規則正しい生活を心がけましょう。そして気になる方は悩まず、まずはご相談ください。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

   

スルガ銀行

^