歯科コラム

衛生士による歯科コラム

2018年08月3日 (金)

たばこと歯周病の関係について

むかしから、「たばこは百害あって一利なし」といわれています。たばこはがんの原因になるなどの悪い影響がありますが、口腔内にも悪い影響を与えます。今回は、タバコと歯周病の関係について解説していきます。

たばこが歯周病を悪化させる理由

たばこが歯周病を悪化させる理由

たばこが出す煙の中には、数千もの化学物質が含まれます。そのうちの200~300は発ガン性物質などの有害物質です。
一方、歯周病の直接の原因はお口の中のプラーク(細菌の塊で歯垢とも呼ばれる)です。歯磨きがきちんとできていないと、お口の中の細菌が食べかすをエサにして繁殖していきます。そのときに出される毒素によって、歯を支える周りの骨が溶かされていくのが歯周病です。
たばこを吸う人は、吸わない人と比べて3倍も歯周病になりやすいと言われています。それには、以下の理由が考えられます。

①たばこの中に含まれるニコチンが血管を収縮させてしまい、歯肉に十分な酸素や栄養が行き渡らない

②歯肉の抵抗力が弱くなり、修復能力も低下する

③歯と歯肉の境目の溝(ポケット)内の酸素が不足するため、歯周病菌が繁殖しやすい環境になる

④唾液が低下するため、歯周病菌が繁殖しやすくなる

たばこを吸うと、歯周病になりやすいです。また通常歯周病になると歯を磨いたときに出血するなどの自覚症状があるため、早めに歯科医院での治療を受ける方が多いですが、たばこを吸っていると血管が収縮するため、出血しにくくなります。そのため歯周病になっていることに気づきにくく、気づいたときには重症化していることが多いのです。

次世代たばこは歯周病に影響を与える?

次世代たばこは歯周病に影響を与える?

近年、タールの含有量が少ない次世代たばこを吸う方が増えています。タールの含有量が少ないため、身体への害が紙タバコよりも少なくなり、また歯への着色も少なくなります。歯にヤニがつくと、表面がザラザラするためプラークや歯石が付きやすくなり、歯周病を悪化させる可能性が高くなります。逆に、着色が少なくなるとそのリスクも少なくなります。しかし、やはり次世代たばこにはニコチンが含まれており、歯周病を悪化させる可能性が十分あります。そのため、1番良いのは禁煙を心がけることです。いきなりは難しいと思いますが、徐々に本数を減らしたり、電子タバコに変えながら禁煙を目指しましょう。
また、タバコを吸っている方は、吸っていない方と比べて歯周病になりやすいということをよく銘記し、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は
8/22(水)、9/25(火)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^