歯科コラム

衛生士による歯科コラム

2018年03月16日 (金)

むし歯のメカニズムについて

お口の中の病気にはさまざまなものがありますが、2大疾患と呼ばれているのは、“歯周病”、そして“むし歯”です。むし歯で痛い思いをした経験のある方がいらっしゃると思います。どうして虫歯になってしまうのでしょうか?今回はむし歯のメカニズム、そしてむし歯を予防するためにできることについて解説していきます。

むし歯のメカニズム

むし歯のメカニズム

むし歯とは、むし歯菌であるミュータンス菌が作り出す酸により、歯が徐々に溶けて穴が空いてしまう病気です。しかし、むし歯はこのミュータンス菌だけが要因となっているわけではありません。そこにはおもに4つの原因が関係しています。

①細菌
まず1つ目の原因は、“細菌”です。上記にあるように、ミュータンス菌がむし歯の直接的な原因となります。ミュータンス菌は私たちのお口の中に常在している細菌で、食べ物や飲み物の中に含まれる「ショ糖」を分解して酸を作り出します。歯がこの酸にさらされ続けると、歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンなどが徐々に溶け出して穴が空きます。他にも、ラクトバチラス菌というむし歯菌の一種もむし歯の進行に関与します。

②糖分
ミュータンス菌はショ糖を分解して酸を作り出すため、糖分もむし歯の原因となります。甘い食べ物、甘い飲み物をよく取り入れる方は、むし歯になりやすくなります。

③歯質
歯の質は個人差があります。エナメル質がもともと強い方は、酸にさらされても溶けにくいです。一方で、エナメル質が弱い方は歯磨きをしていてもむし歯ができやすく、その進行も早いことがあります。また歯の質だけでなく、歯並びもむし歯に影響を与えます。歯並びが悪いと汚れをきれいに落とすのは難しいです。そのためむし歯になりやすい環境になります。

④時間
最後は“時間”です。時間がなければ、むし歯になることはありません。お口の中が汚れている時間が長ければ長いほど、むし歯になりやすくなります。また、甘いものをダラダラと食べたり飲んだりすることも危険です。私たちの唾液には酸性になったお口の中を中性に戻そうとする働きがありますが、この過程には30分~40分程度かかります。甘いものを食べたり飲んだりしてから、30分も経たずにまた甘いものがお口の中に入ると、唾液の中和作用が追いつきません。そのためお口の中が常に酸性状態になり、むし歯が進行しやすくなります。

むし歯の原因はおもに4つありますが、これらの原因が重なってはじめてむし歯ができます。

むし歯を予防するためにできること

むし歯を予防するためにできること
では、むし歯を作らないために、具体的にどんなことができるでしょうか。

①ダラダラ食べる習慣を止める
先ほども書いたように、ダラダラ食べたり飲んだりする習慣のある方は、むし歯になりやすく、また進行も早いです。甘いものを全く食べないようにする必要はありませんが、時間を決めて食べるようにしましょう。

②食後の歯磨き
お口の中が汚れていると、それをエサにしてミュータンス菌が増えていきます。基本的なことですが、食べたあとは歯磨きをして、お口の中をきれいな状態にしましょう。仕事などで磨く時間がないという方は、うがいだけでもするように心がけましょう。しかし、夜は必ず磨くようにしてください。寝ている間は菌が最も繁殖します。そのため、夕食後、もしくは就寝前はできれば10分ほど時間をかけて、ていねいに磨くことを意識しましょう。

③フッ素を活用する
「フッ素は歯を強くする」と聞いたことがあると思います。フッ素は歯の質を強化して、酸に負けない丈夫な歯を作るのを助けてくれます。一番簡単なフッ素の活用方法は、フッ素入りの歯磨き剤を使用することです。しかし、ご家庭で使用できるのは低濃度のフッ素です。そのため、定期的に歯科医院での高濃度のフッ化物塗布をおすすめします。フッ化物塗布はお子さんにのみ効果的と思われるかもしれませんが、大人の方にも効果はあります。気になる方はぜひご相談ください。

④デンタルフロスまたは歯間ブラシを使用する
ていねいに磨いているつもりでも、歯と歯の間は歯ブラシでは磨くことができません。そのため、デンタルフロスまたは歯間ブラシで清掃しましょう。1日1回、できれば夜に使用しましょう。

⑤歯科医院での定期クリーニング
一生懸命磨いているつもりでも、完全には汚れを落とすことはできません。そのため、定期的に歯科医院を受診し、プロにお口の中をクリーニングしてもらいましょう。できれば3ヶ月に1回、少なくとも6ヶ月に1度はお掃除してもらいましょう。

まとめ

むし歯の主な原因は、“細菌”、“糖質”、“歯質”そして“時間”です。これらの要因が重なってはじめてむし歯ができます。むし歯を予防するために、ダラダラ食べる習慣をやめ、フッ素を活用したり、丁寧な歯磨きを心がけましょう。また歯科医院での定期的なクリーニングを受けるようにしましょう。しのぶ歯科インプラントセンターでは、患者さまのお口の健康をサポートしてまいります。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は
8/22(水)、9/25(火)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^