“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2017年02月3日 (金)

好きなものが食べられなくなる前に予防歯科

虫歯や歯周病など、歯の病気は気づかないうちに進んでいることがほとんどです。「なんだか歯が痛いような?」「違和感があるような?」と気になりつつも、大したことはないだろうと放っておくと、後々大変な事態に発展することもあります。日常生活でなかなか気が付かない、歯医者さんに行こうとまで思えない分、日々のデンタルケアで予防歯科を実践しましょう。毎日気を付けておかないと、いつか好きなものが食べられなくなる日が来てしまうかもしれませんよ。

好きなものが食べられなくなる!?歯の病気の怖さ

好きなものが食べられなくなる!?歯の病気の怖さ

冒頭でご説明した通り、歯の病気は気づきにくいものが多くあります。その代表格が歯周病です。虫歯だと、歯が痛くなったり冷たいものや熱いものがしみたりすることで気がつきますが、歯周病は症状がある程度進むまで自覚症状がほとんどありません。気づいたときには手遅れなんてことも少なくないのです。最悪の場合は、歯が抜け落ちておちてしまう可能性もあります。また、虫歯であっても放っておくと抜歯しなければいけなくなることもあります。さらに、冷たいものや熱いもの、辛いものなどが歯にしみてしまう知覚過敏なども、好きなものが食べられなくなる、気をつけるべき歯の病気・症状です。

予防歯科をはじめよう!

予防歯科をはじめよう!

予防歯科とは、歯の病気にかかる前に、歯の健康を保つために、日々しっかりとケアをして病気や様々な症状を防いでいこうというものです。最近では、歯磨き粉などの宣伝で「予防歯科」という言葉をよく耳にするようになりました。

<自宅でできる予防歯科>
「歯科」とつくからといって、必ずしも何度も歯医者さんに通う必要はありません。予防歯科の基本は毎日の生活、習慣的に行うデンタルケアなのです。ご自宅でなど、日常生活で行うことのできる歯のケアとしては、

●丁寧で正しい歯磨き
毎日、毎食後しっかり歯を磨いているはずなのに、なぜか歯医者さんに行くと「歯垢がたまってますね」なんて言われませんか?どうしても歯ブラシが届かないところだと仕方がないこともありますが、その原因の多くは間違った歯磨きの仕方で歯を磨いているということなんです。歯磨きはとにかくゴシゴシと磨けばよいというものではなく、優しく丁寧に歯を1本ずつ磨いていくことが重要です。また、ゴシゴシと力強く磨いてしまうと、歯の表面を守るエナメル質をきずつけてしまい、知覚過敏の原因になることもあります。これは、研磨剤がたくさん含まれている歯磨き粉で磨くことも同じで、歯の表面を覆うエナメル質まではがしてしまうと、刺激が歯に直接伝わりしみたり痛みを感じたりするようになります。正しい方法で丁寧に歯を磨くことが予防歯科の基本ですから、1度歯科検診の際に歯医者さんで正しい歯磨き方法の指導を受けてみましょう。

●デンタルフロスの使用
歯と歯のすき間は歯ブラシの毛先がなかなか届きにくく、汚れや細菌などが溜まりやすくなる箇所です。この歯のすき間の汚れや細菌をしっかりと取り除くには、歯磨きだけでなくデンタルフロスという糸のようなもの使用すると良いです。デンタルフロスを歯のすき間に入れて、前後にと動かしながら下から上に抜くことで、糸で汚れをからめ取ります。歯と歯のすき間の汚れは、そのままにしておくと細菌がどんどん繁殖し歯周病の原因になることが多いので、ぜひとも除去しておきたいところです。
・デンタルリンス、マウスウォッシュの使用
口の中の細菌が繁殖するのは、夜寝ている間が一番だということをご存知でしたか?夕食後にしっかりと歯を磨いても、どうしても口の中に細菌が残ってしまいます。微量の細菌であっても、寝ているうちに繁殖して歯の病気につながっては大変です。細菌を除去するには、デンタルリンスやマウスウォッシュを活用するのが良いですよ。歯磨き後の仕上げとしてや、夜寝る前のお口のクリーニングに適しています。

●歯医者さんと一緒に予防歯科
自身での予防歯科に加えて、歯医者さんにも定期的に通い、プロの目で現在の歯や口内の様子を診てもらうことも大切です。3ヶ月~半年ごとに定期健診を受けることで、自分では気づいていなかった虫歯になりかけている歯や、歯周病の疑いのある歯などを見つけてもらうことができます。そこで、歯科医師の指示にしたがって早めの治療をしていくことで、治りも早く、重症化を防ぐことができるのです。

●いつまでも健康な歯を保つために
気がつかないうちに病気や症状が進行していることの多い歯の病気。病気の早期発見やお口のトラブルを防ぐには、毎日のデンタルケアをしっかりと行うことと、歯医者さんへ定期健診に通うことが大変重要です。毎日の細やかなケアは、積み重なればお口や歯のトラブルの大きな予防策になりますし、3ヶ月や半年ごとの歯科検診は、自身の歯の状態を知り日々のケアを見直す機会になるだけでなく、歯垢の除去など日々の対策では取り除けなかったところをきれいにし、万が一トラブルがあっても早期発見ですぐに治療することが可能になります。いつまでも健康な歯を保つために、歯のことだからと軽く考えず日々取り組んでいきましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^