“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年08月19日 (金)

歯周病を悪化させない為のブラッシングの方法と治療法

歯周病を改善したいのであれば、今すぐに自分のブラッシングの方法を見直す必要があります。「あなたは、正しいブラッシングを行うことができていますか?」という質問に対して、「はい!」という回答が自信を持ってできるでしょうか。「実は、今更だけど正しいブラッシングの方法がわからない・・」「とりあえず、毎日磨いているから大丈夫」というかたもいるのでは?

歯磨き粉は、不要!歯ブラシだけで、歯周病は改善できる

歯磨き粉は、不要!歯ブラシだけで、歯周病は改善できる

歯周病を改善するために、歯医者さんで治療を行っているのであれば、まずは自分で正しいブラッシングを行うことからはじめましょう。必要なものですが、歯ブラシだけで、歯磨き粉は必要ありません。なぜならば、歯周病の原因は、正しいブラッシングを行うことができていなくて、歯垢が存在してしまうからです。歯磨き粉を使用しなくても、歯垢は、綺麗に掃除することができます。歯周病を改善するための1番の方法は、正しいブラッシングを行うことなのです。これができていなければ、歯医者さんに通って診てもらったとしても、同じことの繰り返しになってしまうのです。

正しい歯磨きの方法について理解する

正しい歯磨きの方法について理解する

正しい歯磨きを行う場合、歯の1本1本を意識して磨く必要があります。しっかりと歯磨きができていないという人は、歯の1本1本を意識することなく、全体的に大きく磨いているので、歯垢が残ってしまうのではないでしょうか。1本ずつ丁寧に磨いていくことで、間違いなくきちんと歯を清潔にすることができます。歯を磨く際ですが、歯ブラシは、大きく動かすのではなくて小さく動かしてください。1本1本を意識すれば、自然とそのような動きになるかと思います。大きく動かしてしまうというのは、歯の1本1本を意識して磨いていないということを表しています。
歯ブラシは、横に動かすだけでなく、縦にも動かしていくことで、歯の横方向と縦方向の両方を綺麗にすることができます。そして、歯は表ばかりではなくて裏もありますのでこちらも両方丁寧に磨きましょう。
また、歯磨き粉には研磨剤などが入っていることがあります。この歯磨き粉を使用してしまうと、健康な歯の表面までもが削れてしまって、弱ってしまいますので気をつけましょう。せっかく自分の歯を健康に保とうと行ったことが台無しになってしまいます。
このように、正しいブラッシングを習得し、毎日の歯磨きで歯周病を悪化させないようにセルフケアしていきましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^