“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年02月9日 (火)

マウスピースをしていると出っ歯になるウワサの真実

歯のお悩みに多い「出っ歯」。女性はとくに、出っ歯が気になって口を開けて笑顔が作れないという方もいるのでは。
歯の治療によく使われるマウスピースを使うと余計出っ歯がひどくなるのでは? というウワサがあるようですが、とんでもありません。今回は、出っ歯になる原因とマウスピースを使った治療について説明します。

出っ歯には先天的なものと後天的なものがある

出っ歯になる原因には、主に先天的なものと後天的なものがあります。
先天的な原因としては、遺伝的なものがあります。家族や兄弟、親戚を見回して似たような歯並びの人がいれば、骨格の遺伝による先天的なものかもしれません。
後天的な理由としては、その人自身のクセが原因である可能性があります。知らず知らずのうちに前歯を押し出すようなクセがあって、それが出っ歯を作っているのです。

出っ歯になりやすい子どものクセ5つ

出っ歯になりやすい子どものクセ5つ

子どものころのクセを周りの大人に注意されたことはありませんか。今はそんなクセが残っていないという方、注意してくれた大人に感謝しましょう。こんなクセが出っ歯の原因になってしまうこともあるのです。

・指しゃぶり
・舌や下唇を前歯で噛む
・舌で前歯を押す
・爪を噛む
・口呼吸

大きな力ではありませんが、日常的に前歯を押し出すことで前歯だけが不自然に傾いたり、列からはみ出してしまうということがあります。
もし子どもにこういうクセがあるようなら、大人になって出っ歯で悩まないためにも早めに注意して直すようにしましょう。

出っ歯の治療方法

出っ歯の治療方法

先天的なものか、後天的なものかによって、治療法は異なりますが、まずは矯正歯科で治す方法があります。
先天的な出っ歯の場合、抜歯して出っ歯が歯列に収まる部分を確保し、矯正器具を使って押し込んでいきます。上下の骨の大きさが違うなどの原因がある場合は、骨を削る手術が必要になることもあります。
後天的な出っ歯の場合は、それほど大がかりなことをしなくても、「プチ矯正」と呼ばれる前歯だけの部分的な矯正治療で治る可能性があります。
ワイヤーをつけて歯を動かしたり、着脱式のマウスピースをつける方法、小さなインプランを使う方法もあります。マウスピース矯正は、一日のうちの数時間装着しておくだけなので、一番手軽で外見にも影響しないので人気がある方法です。
マウスピースの中にホワイトニング用の薬を入れて装着することで、歯列矯正と同時にホワイトニングも行えます。

まとめ

輝く笑顔にはきれいな歯並びから。手軽で負担の少ないマウスピース矯正を試してはいかがでしょうか。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^