“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2017年01月6日 (金)

口内炎は体からのSOS!

口内炎ができてしまった場合、みなさんはどう対処していますか?早ければ3日程度、通常1週間程度で治ってしまうことがほどんどである口内炎ですから、「痛みに耐えるだけでそのまま」という方がほとんどではないでしょうか。また、口内炎の原因は野菜不足だと思っている方も結構多いのでは?実は、すべてが野菜不足で起こるものではありません。もちろん野菜不足、というよりも栄養不足で起こる場合はありますが、それはほんの1例。口内炎が起こるのには、他にもたくさんの原因があるのです。口内炎は、体からのSOSなのですよ。

口内炎は体のSOSって、例えばどんなこと?~体の内側編~

口内炎は体のSOSって、例えばどんなこと?~体の内側編~

口内炎の原因や発生するメカニズムについては、正確には解明されていません。ですが、どのような体の不調が原因となっているかのおおよその部分は分かっているので、もしかすると体のこんなところから悲鳴があがっているのかも!と、まず体の不調を疑ってみましょう。

・ストレスが溜まっている
仕事や日常生活などでストレスや疲れは溜まっていませんか?口内炎ができる原因には、ストレスや疲れが溜まることによって起こる免疫力の低下が関係していると考えられています。ストレスや疲れは口内炎だけでなくとも、倦怠感や食欲不振など様々な体の不調を起こします。口内炎ができて、「そういえば最近忙しいな……」と思ったときは、積極的に体を労わるようにしてください。日ごろからストレス発散方法を知っておくことや、趣味をする時間を確保するなどリフレッシュできる環境を整えられるとベストですね。

・食生活が乱れている
忙しくて外食続きだったり、コンビニやスーパーのお弁当で食事を済ませてしまってはいませんか?きちんと自炊しているという方でも、ダイエットで食事を抜いたり、極端な食事制限をしていませんか?このような状態では、体に必要な栄養素が十分に摂取できず、栄養不足におちいってしまいます。特に、お口の中は多くがコラーゲンで構成されているので、コラーゲンをつくる素になるたんぱく質やビタミンC、鉄が不足してしまうと、お口の中の組織がうまくつくられず炎症として口内炎になってしまう場合があります。さらに、ビタミンも大切な栄養素です。ビタミンB2やB6が不足していると、体の抵抗力が弱まってしまいふとした刺激などで口内炎になりやすくなってしまいます。食生活に自信がなく、よく口内炎ができるという方は、まずはサプリメントでも良いので栄養素のバランスをとりましょう。

・胃腸に負担がかかっている
暴飲暴食を繰り返したり、ストレスによる偏食などで胃腸が消化不良を起こしてしまうことがあります。消化不良を起こしてしまうと、せっかく食べたものが栄養としてうまく吸収されず、また水分も十分に吸収できないので、食べているのに栄養不足ということも。胃痛や胃のむかつきがあるという方は、口内炎ができた場合、特に胃腸が弱っていたり負担がかかっている可能性が高いです。

口内炎は体のSOSって、例えばどんなこと?~体の外側編~

体の内部ではなく、外の要因が強い場合もあります。日常の習慣を見直す良いきっかけになるかもしれませんよ。

・虫歯を放置してしまっている
実は、虫歯を放っておくことも口内炎を発症する原因になります。虫歯は歯が削られて口の中を傷つけやすい状態になっていますから、頬の内側などを傷つけて炎症を起こし口内炎になってしまうこともあるのです。これは、虫歯治療中にも起こりえます。虫歯部分を削った状態のときは歯にとがった部分がある場合もありますから、頬を噛んでしまわないように注意すると良いですね。ただ、虫歯とは気が付かずにいたら、口内炎ができていたということもあるかもしれません。虫歯が原因となる口内炎を防ぐには、定期的に歯科検診に通い、その都度虫歯がないかどうか歯やお口の中を全体的に診てもらうことが一番です。

・喫煙習慣がある人は要注意
喫煙習慣も口内炎の原因になることがあります。これは主に「ニコチン性口内炎」と呼ばれるもので、頬の内側や歯ぐき、舌などに赤い斑点ができ、そこから白っぽく腫れあがるという特徴があります。喫煙歴が長い人ほどなりやすく、長年の喫煙でお口の中にニコチンが蓄積してしまいそれに反応して炎症をおこしてしまうのです。喫煙習慣があり、特にこれまでニコチンやタールなどのアレルギー症状等はなかったという人でも、実はニコチンによって体が炎症を起こしていたということは少なくありません。食生活などの問題がなさそうであれば、喫煙が原因の口内炎という事実が濃厚になってきますので、この機会に禁煙に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

体からのSOSを早めにキャッチしよう

体からのSOSを早めにキャッチしよう

口内炎が体から発せられる不調のSOSだということはお分かりいただけたかと思います。たかが口内炎、されど口内炎です。どんな体の不調に対するSOSなのかわかりません。まずは食生活の改善やストレス発散、禁煙など、できるところから改善してみましょう。改善を続けていてもまだ口内炎ができやすい状況であれば、お口の中に何かトラブルの原因があるのかもしれません。口内炎が続いたときは、一度歯医者さんで診てもらいましょう。早めに歯科検診を受けることは、口内炎だけでなくお口の健康にも効果的です。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^