“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2017年04月21日 (金)

補綴物の種類を知ってみよう!

補綴物(ほてつぶつ)とは、歯が欠けたり、なくなったりした場合に、差し歯や入れ歯といった人工物で補うものをいいます。歯科治療に使われる補綴物の種類についてご存じですか?インレー、クラウン、ブリッジ、義歯、インプラントなど補綴物を用いた治療方法も様々です。奥深い補綴物の世界について一つずつ見ていきましょう。

小さい虫歯の治療なら、詰め物を入れるだけのインレー

インレーは、小さい虫歯などの治療で、患部を削り取って詰め物を入れる治療法です。詰め物の種類には、金属やレジン(プラスチック)、セラミック(陶器)で作られたものがあります。
詰め物の種類を選ぶときは、その材料が保険治療の範囲内なのか、それとも保険が適用されないのかを考慮する必要があります。保険治療では、銀色の金属や、経年で変色するプラスチック(レジン)しか利用できません。保険外での治療であれば、自然な白さで天然歯との差が少なく、見た目のよいセラミックを使用できます。
その治療が簡単なケースなのか、難しいケースなのか、治療後のメンテナンスはどのくらい必要なのか、また審美的にどの材料を使ったほうが良い部位なのかによっても選択が変わってくるでしょう。治療の際にはかかりつけの歯医者さんとよく相談してください。

大きな虫歯や歯根治療にはクラウンで患部を覆う

クラウンは、大きな虫歯の治療で歯を大幅に削った際、患部を覆う人工の被せもののことです。大きな虫歯や根管治療をした際は、クラウンによる治療になることがほとんどです。
クラウンには、歯全体にかぶせる全部被覆冠と、歯の一部だけを覆う一部被覆冠(3/4冠、4/5冠、7/8冠など)があります。これも、治療範囲によってどの方法をとるかがかわってきます。
クラウンも、金属やレジン(プラスチック)、セラミック(陶器)などがありますが、保険治療か保険外かによって使える材料が異なります。また、保険では前から5番目の歯以降は銀歯によるクラウンと決められています。
前歯のように審美的に目立つ部分のクラウンは、セラミックやジルコニア、保険治療ではレジンというように、白い素材を使うことが多くなります。しかし、同じ素材のクラウンでも歯科医の腕によって仕上がりが大きく異なってきます。クラウンで治療する際は、その歯科医院でいままでどういった被せものを作って来たのか、症例を見せてもらうことをおすすめします。

両隣の歯で橋のように人工歯を支えるブリッジ

両隣の歯で橋のように人工歯を支えるブリッジ

ブリッジは、歯が抜けてしまった場合に両隣の歯を削り、橋(ブリッジ)を渡すように補強して人工の歯をかぶせる治療法です。ブリッジ治療には保険がきくので安価で、機能回復や見た目にも優れているため、多くの歯科医院で採用されている治療法です。まずはブリッジで治療できるかどうかを検討した上で、難しい場合は部分入れ歯にする、という流れになります。保険外治療なら、インプラントを使用することもあります。
保険治療の範囲内でブリッジにする場合は、前から3番目の歯(犬歯)までしかレジンの白い歯にはできません。一部例外もありますが、基本的に4番目の歯以降は金属のかぶせものになります。

義歯には部分入れ歯と総入れ歯がある

義歯はいわゆる「入れ歯」のことです。部分的にはめる部分入れ歯と、歯全体をおおう総入れ歯があります。歯が一本も残っていない場合は、総入れ歯になります。
保険治療の場合、部分入れ歯であれば金属のクラスプがついたもの、総入れ歯であれば義歯床がプラスチックのものと決められています。保険医療の入れ歯は安価ですが、見た目や機能性が劣ります。保険外の入れ歯であれば、柔らかいシリコーンでできたものや、クラスプが白く目立ちにくいものなど、さまざまな種類があります。

審美的にすぐれ強度があり、芸能人も多いインプラント

審美的にすぐれ強度があり、芸能人も多いインプラント

インプラントは、歯が抜けたところにクギ状の金属の棒(インプラント)を入れ、上からセラミックなどでできた上部構造(人工歯)をかぶせる治療法です。人工歯根ともいいます。
インプラントは審美的にすぐれており、入れ歯などに比べて強度もあるので、自分の歯のようにかむことができます。治療目的のほかに、モデルや芸能人など、多忙で見た目が重要な職業の人たちの中では、白くてきれいな歯並びを手に入れるためにインプラントを選ぶ人もいます。
インプラントのデメリットは、保険外治療のため治療費が高額になることです。芸能人が、高級車が買えるほどの費用をかけてインプラント治療を受けた、と話題になることもあります。
インプラント治療の価格は、インプラントを何本埋め込むかによってかわってきます。最近では、最小4本から上部構造を支える「オールオン4」などの治療法もあります。
また、あごの骨が薄かったり強度がたりなかったり、重度の糖尿病を患っている人などは、インプラントができないこともあります。インプラント治療を計画しているときは、まずはしのぶ歯科に相談してください。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^