“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2017年06月9日 (金)

インプラントを入れた後の定期検診やメンテナンスについて

歯だけでなく、あらゆる手術はその後のメンテナンスが重要です。メンテナンスを怠ると、その後の経過に大きな影響を与えます。インプラントは、人口歯を埋め込むという大きな歯科手術。その後のメンテナンスをしっかりと把握することで、一生使える歯を手に入れましょう。

そもそも、なぜそんなにインプラントのメンテナンスが需要なのか?

実は、インプラントは天然歯よりもメンテナンスが重要と言われています。なぜかというと、天然歯には歯の根の部分と骨の間に歯根膜という組織が存在しており、血液を供給する役割を持っています。この組織のおかげで虫歯菌や歯周病菌に対して抵抗力が保たれているのです。それに対してインプラントにはそのような機能はなく、フィクスチャ―が骨に直接的に埋め込まれているだけです。歯根膜の機能がないということはつまり、細菌に感染するリスクが高く、炎症が発生してしまったときには、天然歯よりも進行が速いのです。自然の歯がどれだけ有能か分かりますよね。

インプラント後のメンテナンス

インプラント後のメンテナンス

インプラント後のメンテナンスには二種類あります。一つ目は定期検診としての歯医者さんによるプロのメンテナンス。二つ目は、ご自身で行うメンテナンスです。一つ目の歯医者さんによるメンテナンスですが、「レントゲン撮影」、「噛み合わせのチェック」、「口全体の歯茎のチェック」、「歯のクリーニング」などが含まれます。忙しい場合も、必ず時間を作って定期検診を受けるようにしましょう。
二つ目のご自身によるメンテナンスですが、基本的には、正しいブラッシングでしょう。毎食後には忘れずに歯磨きをすることを心がけるなど、通常の正しいブラッシングを実施することも大切ですが、手術直後から2日間ぐらいのお手入れ・ブラッシングをしっかりすることによって、その後のメンテナンスが大きく変わってくることを覚えておきましょう。まず、インプラントを埋め込んだ部分に関してですが、数日間は触らないようにしましょう。傷口は、血餅(けっぺい)という血液の塊でおおわれています。これは、術後の状態を体が感知し、止血させて傷口を回復させる役割を果たしており、そこを通常の歯ブラシで触ったり、過度に強いうがいで刺激したりすると、はがれたりしてしまうことがあるので注意しましょう。

メンテナンスを怠ったことでの弊害

インプラント手術が完了した後も定期的にメンテナンスをしないと、二種類の炎症にかかる恐れがあります。一つが、「インプラント周囲粘膜炎」という症状で、インプラントやその周りの粘膜に発生する炎症です。もう一つが、「インプラント周囲炎」と呼ばれる症状で、前者よりも進行した状態となり、インプラントを支える顎の骨に炎症が進んでしまっている状態となります。インプラント周囲炎になってしまうと、痛み、出血、腫れなどが起こり、さらに悪化した場合は膿が出てきたり、退縮と呼ばれる歯茎の痩せが進行するということがあります。最悪の場合、せっかくインプラントが脱落してしまうということがあります。
また、インプラントも通常の歯と同様、歯垢が蓄積し、歯石になります。これらは細菌なので、歯周病の原因になりますし、口臭の原因にもなります。インプラントを挿入して、せっかく歯の治療をしたはずなのに、口の中の環境が悪化するなんて嫌ですよね。インプラント手術は口の中の環境を大きく変える手術です。その分ブラッシングなどもいつもよりも入念に行うようにすべきでしょう。

炎症が起きた時にやってはいけないこと

炎症を起こさないようにするためにメンテナンスを実施するのですが、それでも炎症が起きてしまった場合、やってはいけないことがあります。一つは、複数の歯に及ぶ歯周炎をほっておくというものです。炎症は放っておいて治るものではありません。できる限り早く歯医者さんで治療をすることをお勧めします。痛みを認識したらすぐに行くべきですし、痛みがなかったとしても、指で歯茎を触った時に、ふくらみがあったり、違和感がある場合は、医師に診てもらったほうがいいでしょう。
また、喫煙も問題です。喫煙をすると歯茎の毛細血管を縮めてしまうので、歯周病の初期症状である出血が起きにくくなってしまい、歯周病のサインを見逃してしまうというリスクもあります。また、喫煙は細菌を増殖させやすく、同時に口臭などの原因にもなります。

インプラントは一生付き合っていくもの、という意識でメンテナンスを

インプラントは一生付き合っていくもの、という意識でメンテナンスを

インプラント治療は時間がかかる施術ですが、一生付き合っていくという意味では、当然ながら術後の時間の方が圧倒的に長いわけです。信頼がおけて、かつ経験と知識のある医師と共同作業で、メンテナンスをしっかりと行うことが重要です。また、インプラント手術完了後の定期メンテナンスを怠ると、歯肉炎を発症したり、最悪の場合は残りの歯を失ってしまうことも考えられます。そういったことを意識し、常に歯をケアしてあげるようにしましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年10月25日(水)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^