“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年10月7日 (金)

インプラントを考えるタイミング

インプラント治療をした人は、いつ頃から、はたまたどのタイミングでインプラントについて考え、治療を決定したのでしょうか。「インプラント、いいよ~。」という知り合いの話とか、テレビや雑誌のインプラントの情報をみていると、興味はわくものの、なかなか踏ん切りがつきませんよね。インプラントをしようにも、やはり少しはインプラントについてや治療を行っている歯医者さんの情報収集は必要でしょう。今回は、インプラントを考えるタイミングについて、ご説明したいと思います。

インプラントを考えるべき症状とは?

インプラントを考えるべき症状とは?

そもそも、どういった症状や悩みがあったときにインプラントを検討するのでしょうか。インプラントは、人工歯を天然歯に近い形で設置する治療法です。ですから、生まれつき歯がない場合や、一部の歯を病気やけがでなくしてしまったり歯が欠けてしまったり、歯がまっすぐ生えておらず抜歯をする必要がある場合などに、新しく歯をつけるという目的が適当といえます。何らかの理由で歯を抜いてしまったとき、歯が抜けてしまったときに、空いてしまった部分に歯を取り戻したい!そう思ったときに、インプラントに治療を考えてみるとよいでしょう。

インプラントをするタイミングは3つある?

インプラントをするタイミングは3つある?

歯ぐきの奥深く、あごの骨部部にネジのようなもの(インプラント)を埋め込むインプラント治療ですが、抜歯後にそのまま放っっておいてしまうと、歯ぐきの奥深くの骨は使われないため、どんどん衰えてなくなっていってしまいます。骨にネジを埋め込む治療であるインプランントは、この骨がなければ施術をすることができません。厳密にいうと可能ではあるのですが、骨の生成からはじめなければいけないので、通常のインプラント治療よりもかなり時間がかかってしまいます。歯ぐきの奥の骨、あごの骨がなくなってしまう前にインプラント治療を決断し、行うことが得策だといえるのです。

・抜歯と同じタイミングで行う
抜歯をしてすぐインプラントを埋め込むことのメリットは、歯のかみ合わせにブランクをつくることがなく、歯ぐきの奥の骨が衰えてなくなっていくことを防ぐことにあります。歯のかみ合わせというのは、口内だけでなく身体全体のバランスに関わります。かみ合わせが悪いと、そこからあごの骨、首の骨、背骨と身体全体の骨が少しずつバランスを失い、曲がっていくこともあるのです。歯は1本でもなくなると、食事をした時に無意識にその部分をさけて噛むことにもなるので、片側に偏った噛み方で力の入り方も均等でなくなり、こちらもまた体のバランスを崩すことになってしまいます。一方デメリットもあり、抜歯すぐの歯ぐきは歯肉が不足しています。抜歯後の歯ぐきに空いた穴は、インプラントのために空ける穴よりも大きく、インプラントを埋め込む段階では歯ぐきの穴が少々大きいのです。インプラントと人工歯を支える周りの壁の厚みが薄くなってしまうということなので、歯肉を追加する多少高度なテクニックが必要になります。

・抜歯から1~2か月経ってから行う
現在では、大半の歯医者さんがこの期間でインプラント治療を行っているといえます。抜歯後すぐの歯ぐきは、多少はダメージをうけているので炎症などの状態が安定してくる1~2か月後が治療に最適だという考えから多くの事例で行われています。抜歯後すぐにインプラントを埋める場合についてご説明した通り、抜歯後の歯ぐきには、インプラントを埋めるよりも大きな穴が空いています。この穴が、自然治癒力によって少し小さくなり、歯肉の量が増えてくるのがこの1~2か月頃なのです。このタイミングでインプラントを埋め込むことで、十分な量の歯肉でインプラントを覆うことが出来ますし、あごの骨もそれほど衰えることなく減っていることもありません。しかし、やはり1~2か月は仮歯などかみ合わせや食事で噛むことに対して十分な口内環境で過ごすことができないので、身体の不調があらわれてしまう場合も考えられます。

・抜歯から3か月以上経ってから行う
少し前までは、3か月以上経ってからインプラント治療をするというのが主流でした。抜歯をしたあとの歯ぐきや歯の周辺組織はダメージを受けているので、その炎症や傷などが治まり、完治してからインプラント治療を行うべきだと考えられていたのです。ダメージが治まってから治療する、こちらの期間の方が身体に良いのでは?どうして今は主流じゃないの?と思う方もいるでしょう。その理由は、抜歯後長期間そのままにしておくと、歯肉などの歯の周辺組織が型崩れを起こしてしまう可能性があるということと、あごの骨が衰えなくなっていってしまうということにあります。歯の周辺組織が型崩れを起こすと、バランスよくインプラントを覆うことができませんし、あごの骨が少なくては、インプラントを埋め込むときにしっかり固定することが難しくなります。歯ぐきにとってはしっかり治って良いのですが、インプラントを埋め込むとなると、弊害も多いのです。

抜歯の予定が決まっていて、インプラントをどうしようかと迷っている方、歯が抜けてしまって、インプラントにするか入れ歯や差し歯にするか悩んでいる方は、ぜひともこのインプラントの治療タイミングについて知っていただき、ご自身にあったタイミングと歯医者さんを見つけていただければと思います。しのぶ歯科では、インプラント治療の相談会を行っておりますので、お気軽にご参加ください。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^