“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年08月5日 (金)

わからない事は何でも相談!インプラント治療は必ず治療内容を100%理解してから受けてください!

まるで天然の歯のような噛みごたえ取り戻せるうえ、審美的な側面でもメリットがあることで注目されているインプラント治療ですが、具体的にはどのような治療内容なのでしょうか。

そもそもインプラントとは?

歯が抜けてしまった部分の骨にフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を埋め込み、それを支えにして、人工の歯を装着する治療法。

どんなメリットがある?

どんなメリットがある?

まず、天然の歯のような見た目なので、審美的効果が高いことが挙げられます。日々の生活の中で、人の目を気にして笑えないというのは辛いもの。インプラントを導入すれば、ストレスなく、楽しい時は思い切り笑って過ごすことができます。また、食事面においては、違和感をほとんど感じることなく、本物の歯のように噛むことができます。咀嚼する力が最も高いと言われている治療が、インプラントなのです。そして、従来の治療法においては、周囲の歯を削る必要がありましたが、インプラントの場合はその心配がありません。仮に、歯を削ってしまうと、元々健康的だった歯の寿命が短くなってしまうので、この点はかなり大きなメリットと言えます。

反対にデメリットは?

まず、治療期間が長く、3ヶ月~1年程度かかります。また、全ての方がインプラント手術を受けることができるわけではありません。例えば、十分な骨の量が残されていない場合は治療そのものが不可能ですし、歯周病などの影響によって、歯ぐきが下がってしまっている場合は、審美的側面において、メリットが得られないことも。そして、治療後は細やかなメンテナンスが必要不可欠なため、歯磨きや定期健診がきちんとできない方は、インプラント治療に向いていません。

治療後のメンテナンスは何をすればいい?

治療後のメンテナンスは何をすればいい?

完璧な治療には、インプラント施術後のメンテナンスが必須です。人工の歯にゆるみがないか、噛み合わせはきちんとできる状態か、インプラントの周囲に炎症が生じていないかなどのチェックをします。これらがおろそかになってしまうと、せっかく手術がうまくいったとしても、治療にかかった費用や時間、努力などが全て水の泡になってしまいます。歯科医師による指導をしっかりと守り、正しいメンテナンスを行いましょう。なお、歯医者さんによっても多少の違いはありますが、メンテナンスの頻度としては、最初の一年目は3~4ヶ月に一回、二年目以降に関しては一年につき一回程度と言われています。

おわりに

手術とメンテナンスがうまくいけば、様々なメリットを得られるインプラントですが、メリットだけにつられてすぐに飛びつくのはNGです。まずはインプラントというものがどういうものなのかを理解することが大前提。費用や治療期間、自分自身の状態に適している治療法かどうかを十分に確認し、100%理解した上で治療に臨みましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年10月25日(水)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^