“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2017年06月2日 (金)

無痛麻酔をしてオールオン4治療をする際の注意点

「オールオン4の治療中の音が苦手」「高血圧の病気持ちのため、いつも歯医者に行くと緊張して血圧が上がってしまう。オールオン4治療を受けたいが不安」といった悩みをお持ちの方に人気の治療法が、無痛麻酔をした上でオールオン4を行うというものです。ここでは無痛麻酔の特長と、無痛麻酔をするメリット、そして無痛麻酔をしてオールオン4治療をする際の注意点についてお話します。無痛麻酔によるオールオン4治療を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

知っておきたい無痛麻酔の特長

知っておきたい無痛麻酔の特長

無痛麻酔を行うのは一般的な歯科医師ではありません。全身麻酔や疼痛治療を専門に行う麻酔医が治療中随伴し、身体の状態や血圧、脈拍の変化等を管理します。また勘違いされがちですが無痛麻酔とは、痛みをなくすための麻酔ではありません。無痛麻酔とは、鎮静剤を静脈に投与することで眠っている状態をつくるもの。患者さんの意識がなくなった状態で局所麻酔を行い治療に入ります。そのため、患者さんは局所麻酔が行われたこと、治療が進められていることに気付きません。眠っている間に全てが終わっていると考えてください。

無痛麻酔によるオールオン4治療のメリットとは?

無痛麻酔によるオールオン4治療は、歯医者が苦手な人、治療中の音や痛み、局所麻酔が苦手な人、血圧や心臓に関する持病がある人でも、問題なく治療を進めることができる点が最大のメリットと言えます。また、無痛麻酔から覚めた後も、気だるさ等が残ることはほとんどありません。まるでぐっすり寝た朝のように、心地よく目覚めることができます。一度無痛麻酔を選んだ人は次回以降も無痛麻酔による治療を選ぶ傾向があるほど、人気の治療法と言えます。

無痛麻酔をしてオールオン4治療をする際の注意点

無痛麻酔をしてオールオン4治療をする際の注意点

無痛麻酔をしてオールオン4治療をするためには、手術日までに体調をしっかり整えておくことが重要です。お酒の飲み過ぎや過度の食べ過ぎ、睡眠不足は体力の低下を招きます。また喫煙が続いていると、歯茎の毛細血管に悪影響を及ぼすため、治療に時間がかかることもあります。「無痛麻酔だから何も心配しなくて良い」と思うのではなく、無痛麻酔だからこそ、事前の体力や体調に気をつける必要があるのです。手術中は、麻酔医と歯科医師に任せておけば安心ですが、事前管理は本人の自己責任。体力が低下していると、麻酔の効きが悪くなったり、また逆に効きすぎたりする可能性があります。手術日が確定したら、その日に向けてしっかり準備をすすめておきましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年10月25日(水)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

^