“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2017年02月17日 (金)

歯ぎしりする癖がある人のオールオン4に関する注意点

総入れ歯かオールオン4か…。病気やケガなどで歯がほとんどなくなってしまったという方は、主にこの2つのどちらにするか迷われるかと思います。審美性(見た目の美しさ)からすれば、やはりオールオン4の方が優れているのですが、ここで少し気にしておかなくてはいけないことがあります。オールオン4の治療を検討されている方の中で、歯ぎしり癖があるという方は少々注意が必要なのです。

オールオン4について

まずは、オールオン4についてしっかりと把握しておきましょう。オールオン4とは4本のインプラントで片あごのすべての歯を支えるというものです。上あごも下あごも人工歯にする場合は、上に4本、下に4本の合計8本のインプラントをあごの骨に埋め込むことになります。オールオン4の最大のメリットは、歯1本に対して1本のインプラントを埋め込む、いわゆる「インプラント治療」とは異なり、片あごすべての歯を4本のインプラントだけで支えられるということです。片あごに埋め込むのは4本だけで良いので、1本1本を埋め込むよりも手術を必要とする箇所が少なく、手術時間も短く済みます。手術の手間と必要なインプラント数が減ることで、費用面も軽減することができます。

歯ぎしりが及ぼす影響とは

歯ぎしりは睡眠時や集中している時に起こしやすいので、もしかするとご自分で歯ぎしりをする癖があると気づいていない方もいらっしゃるかもしれません。朝起きた時に顎やこめかみに鈍痛があったり、なんだか疲れている感じがするという方は、睡眠時に歯ぎしりをしている可能性があります。

歯ぎしりは、オールオン4などの人工歯でなくとも、天然歯にとってもダメージが大きいものです。歯ぎしりは歯にとても強い力がかかります。その力は天然歯であっても欠けてしまったり、削れたりしてしまうほどです。

・歯根膜
歯根膜とは、天然歯に存在する歯根の周りにある膜のことで、歯と骨をつなぐクッションのようなものです。天然歯でものを噛む際は、噛む力をこの歯根膜というクッションで調節しています。天然歯はこの歯根膜があるので、噛むときの力もダイレクトに骨には伝わらず多少やわらいで伝わりますが、インプラントを埋め込んでいる場合は歯根膜がないので、クッションの役割をするものがなく、ダイレクトにインプラント部分へ力が伝わります。天然歯よりも強い力が加わることになるので、インプラントはその分壊れやすい状態なのです。

歯ぎしりをすると、歯を支える骨の部分にとても大きな力が加わります。インプラントは天然歯よりも弱いので、歯ぎしりを繰り返したり強い力を加え続けたりしているとインプラント部分が壊れてしまう可能性があります。歯ぎしりをする方がオールオン4の治療で注意しなければいけないのは、このためです。

歯ぎしりの癖があるとオールオン4はできない?

歯ぎしりの癖があるとオールオン4はできない?

せっかくオールオン4の治療が完了しても、歯ぎしりによる強い力が断続的に加えられることで、1年も経たずして埋め込んだインプラントに破損がみられ、オールオン4がダメになってしまうというケースもあります。とはいえ、歯ぎしりを治すにしてもすぐ治るわけではありませんから、治るまでオールオン4を我慢しなければならないかというと、そうでもありません。歯ぎしりの癖があると絶対にオールオン4治療ができないということはないのです。

・マウスピースを装着する
寝ている間や仕事中などの集中時にマウスピースを装着することで、無意識のうちにやってしまう歯ぎしりからオールオン4、インプラント部分を守ることができます。歯医者さんでオールオン4の歯型をとって、それに合わせてマウスピースを作成することで、ご自身にぴったりのものをつくることができます。歯科医療の保険適応内なので、費用もさほどかかりませんし、作成自体も1~2週間ほどでできるので、それほど時間のかかるものでもありません。マウスピースを装着することでインプラント部分を守ることができるほかにも、顎関節症の予防や歯周病予防にも効果がありますから、歯ぎしりの自覚がある方はマウスピースを装着することをおすすめします。

・天然歯がある場合は調節可能
上下片方のあごだけオールオン4の場合は、天然歯もあるということなので、インプラントに被せる人工歯の部分を少し低めに調整することで、歯ぎしりの力を緩和することができます。天然歯のもつクッション性をうまく活用するのです。こちらは、オールオン4治療を行う際に担当する歯科医師と相談して決めていきましょう。

オールオン4にした後も、手入れを忘れずに

オールオン4にした後も、手入れを忘れずに

オールオン4できれいな歯を手に入れた後も、人工歯だからと手を抜かずしっかりと手入れをすることが大切です。たとえ人工歯であっても、口内環境を健康に保つことはとても大切です。また、せっかく決意をもっておこなったオールオン4治療ですから、可能な限り長く良い状態を保ちたいですよね。すぐに破損してしまったといった事態を避けるためにも、日ごろのお手入れはしっかり行いましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年10月25日(水)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^