“歯”に関する雑学をお届けしのぶマガジン

しのぶマガジン

2016年03月8日 (火)

審美歯科と矯正歯科との違い

「歯並びを美しくしたい」と考えた場合、審美歯科と矯正歯科のどちらを選択するか迷うかもしれません。
歯医者で歯並びをよくするという点では似ているため、どちらも同じだと感じるかもしれませんが、この2つには違いがあります。

歯並びの矯正には数年かかる

歯並びの矯正には数年かかる

矯正歯科の治療方法は歯列矯正です。歯並びがゆがんだ歯にワイヤーやブラケットをかけたり、マウスピースを使ってきちんとした歯並びとなるように治していきます。この場合、ゆっくりゆっくりと圧力をかけて、歯を動かしていきます。歯並びはすぐに治るものではないので、数年単位での治療が必要になる可能性もあります。患者様の自然な歯を生かすことを目的としているので、歯を抜くことがあったとしても最小限となります。
歯列矯正の場合、歯並びがゆがんでいるためにあごの痛みが出ている方や、顎関節症の方などの治療目的で行われることもあります。こうした場合は健康保険が適用されます。

「歯を美しくする」目的の審美歯科

審美歯科では、黄ばんだ歯にホワイトニングをして白くしたり、インプラントや差し歯をして歯並びを美しくしたりといった治療が行われます。審美歯科の目的は「歯を美しくすること」です。そのためには、自前の歯を削ったり抜いたりして、人工の歯を入れることもあります。
審美歯科の治療内容にもよりますが、手術によって歯並びを変えるので、矯正歯科のように数年単位での治療となることは少ないようです。ただし、歯列矯正も「歯を美しくする」目的で行われることもあるので、審美歯科と矯正歯科を同時に兼ねて治療をお勧めする場合もあります。

医師や医院によっても治療法はさまざま、納得した治療を受けよう

医師や医院によっても治療法はさまざま、納得した治療を受けよう

芸能人やモデルのような、容姿が重要な仕事についている場合、仕事への影響も考えて、短期間できれいな歯並びを手に入れることができる審美歯科での治療を受けることが多いようです。
しかし、自然で健康な歯は、他の臓器と同じくらいかけがえのないものです。見た目が悪いからといって、自分の腸や肺を切り取って付け替える人はいないでしょう。
数年かかる覚悟が必要になりますが、できるだけ自然な歯を生かすために、大人であっても歯列矯正を選ぶ人は少なくありません。
ただ、一口に歯列矯正や審美歯科といっても、歯科医院や歯科医ごとに考え方は異なりますし、治療方法もさまざまです。治療法に迷ったら、矯正歯科と審美歯科、両方をしっかりしのぶ歯科へ相談して頂き、もっとも納得できる治療方針を決定されることが1番重要だと考えております。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^