歯科コラム

衛生士による歯科コラム

2016年03月2日 (水)

インプラント治療後のメインテナンスについて

1.メインテナンスはなぜ必要なの??

インプラント治療後のメインテナンス

インプラント治療後は天然の歯と同じように噛むことができ、とても快適に食事ができるでしょう。しかしインプラントは入れておしまいではなく、その良好な状態を長く維持していくためには、その後のメインテナンスがとても大切です。
インプラントは人工の歯根なので、むし歯になることはありません。しかし、メインテナンスがしっかり行われないと、天然の歯と同じように歯周病にかかってしまいます。(歯周病とは、歯肉炎と歯周炎の総称です)
天然の歯の「歯肉炎」に相当するものを「インプラント周囲粘膜炎」、「歯周炎」に相当するものを「インプラント周囲炎」とよびます。
「インプラント周囲炎」になり、インプラントの周りを支えている骨がなくなってしまうと最悪の場合、インプラントを撤去する必要があることもあります。インプラントは天然の歯に比べると感染に弱く、一度骨がなくなってしまうと、治療が困難です。その主な原因はお口の中の細菌=プラークです。
なのでプラークを的確に除去することが必要です。インプラントの手術前には歯周病の治療をしっかり行っていることが前提ですが、インプラントを行う原因になった歯を歯周病で失った方や、周りに残っている歯に歯周病がある方は特に注意が必要です。
インプラント周囲と天然の歯から同じ歯周病菌が検出されたという報告もあります。
また過度に強い噛み合わせの力がかかることもインプラント周囲への負担になるとも言われています。

しかし、正しい知識をもってメインテナンスを行い、歯周組織が安定していれば、より長い期間快適な毎日をすごすことができるので安心してください。
そのためには、歯科医院での専門的なメインテナンスと、ご自宅での毎日のセルフケアがとても重要です。

2.歯科医院でのメインテナンス

歯科医院でのメインテナンス

歯科医師または歯科衛生士が行います。一般的には通常3カ月に1回が目安ですが、患者様の口腔内の状況により期間は異なります。インプラントや残っている天然歯の歯周病が心配な場合や、患者様自身のブラッシング状態がよくない場合は短期間になりますし、口腔内に問題がなく健康な場合はそれより長い場合もあります。担当の歯科医師、歯科衛生士の指示に従いましょう。
患者様自身に自覚症状がなかったとしても、専門家に診てもらうことでトラブルが見つかることもあります。定期的に歯科医院を受診することで、早期にトラブルを発見することができ、それが長期間健康な口腔内状態を維持していけることにもつながります。
また、万が一トラブルが起こった際に、歯科医院が一定の保証期間が設けている保証もメインテナンスにきちんと通院していることが前提であることが多く、何年かぶりに突然トラブルが起こって受診しても保証が受けられないこともあります。

メインテナンス内容

(1)問診
口腔内に自覚症状や気になることがないか、全身状態、服用薬、生活環境等に変化がないかをお聞きします

(2)検査
視診:インプラント周囲組織に腫れや発赤がないか、歯石やプラークの付着状況はどうか、噛み合わせの確認、上部構造(上の被せ物)にヒビや破折がないか確認します。
触診:歯肉を触っての痛み、違和感や歯肉から膿などがでないか、歯を揺らしてみて動揺がないか、プローブという専用の器具を使ってインプラント周囲の溝を触って歯肉からの出血がないか確認します。(歯肉に炎症がある場合出血がみられます)
レントゲン:インプラント周囲の骨の変化を確認します。
口腔内写真:場合によっては写真撮影で変化を確認します。

(3)ブラッシング指導
検査結果をふまえ、歯磨きの難しいところ、炎症があるところをお伝えし、患者様個人個人に合わせ、ご自宅で実践できる磨き方をご指導します。

(4)クリーニング
ご自身では落としきれない歯垢や歯石を、歯科医院専用のブラシや器具を使い、インプラント周囲をクリーニングします。

※それと同時に、残っている天然歯の状態の検査とクリーニングも行います。周りの歯の健康がインプラントの健康にもつながります。

3.ご自宅でのセルフケア

ご自宅でのセルフケア

いくら歯科医院で定期的にメインテナンスを行ってもらったとしても、それは3カ月のなかのたった1日であり、その他の日はご自身で正しくケアを行っていただく必要があります。これは、インプラントに限ったことではなく、もちろん天然の歯にも同様に言えることです。
一般的にはインプラントだからと言って、なにか特別なブラッシングをしないといけないということではないのでご安心ください。基本的には天然の歯と同様のブラッシングを行うことができれば問題ありません。しかしインプラントの上部構造(上の被せ物)は天然の歯に比べて複雑な形態をしている場合もあり、そうするとブラッシングが難しい場合もあります。
歯科医院で正しいブラッシング方法を教えてもらい、毎日のセルフケアを行うことで良好な状態を長期間維持することができます。

セルフケア内容

(1)歯ブラシ
毛の硬さや形、ヘッドの大きさや形などかなり様々な種類のものがあるため、選ぶのが難しいと思います。歯科衛生士に、口腔内の状況に合わせた適切な歯ブラシを選択してもらう方が効果的にプラークを除去できるでしょう。
インプラント周囲の粘膜は天然の歯と比べると傷が付きやすいため、硬い毛の歯ブラシは避けましょう。

(2)ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシ

毛先の植えられているところが小さい形の歯ブラシです。
天然の歯にも歯の間や奥歯の狭いところに使用できます。
インプラントの場合、上部構造(上の被せ物)の複雑な形の細かな場所にも届きやすい歯ブラシです。

(3)フロス
歯と歯の間を清掃するために使用する糸状の道具です。
インプラント周囲への無理な使用は歯肉を傷つけ感染のリスクや、歯肉退縮の原因になります。
またフロスの太さや形は様々な種類のものがあり、使用が必要な場合は歯科衛生士の指導のもと、口腔内に適したものを使用するようにしましょう。

(4)歯間ブラシ
ナイロンの毛がプラスチックのホルダーに付いている小さなブラシで、歯と歯の間を清掃するために大変効果的な道具です。
インプラント周囲への無理な使用は歯肉を傷つけ痛みの原因になったり、歯肉退縮の原因になるため正しい使用方法で行いましょう。
歯間ブラシのサイズやハンドルの形は様々な種類のものがあり、歯科衛生士の指導のもと使用する部位や歯と歯の間のすき間の広さに合わせて使い分けましょう。
インプラント周囲への使用の場合、歯と歯の間のすき間より、ひとまわり小さいサイズを選択するとよいと言われています。
最低でも1日1回は使用することをお勧めします。
また審美性を重要視する前歯のインプラントについては歯間ブラシを使用せず、フロスの使用を勧められる場合もあるため、歯科衛生士の指導の通りに使用しましょう。

セルフケアは初めは難しく感じるかもしれませんが、担当の歯科医師、歯科衛生士に不安なことは相談しましょう。
そして正しいメインテナンスを続け快適な状態を維持していきましょう。

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^