医院の紹介

ブログ

前歯が折れたときの・・・インプラントおよびセラミック治療

歯を失う原因として、歯周病は非常に多いのですが、
それに匹敵するくらい・・・最近は、外傷などによる
歯の破損や破折・・・というのが増えています!

歯周病が原因で歯を失う場合は、周りの骨を吸収して
しまっている場合が多いので、インプラント治療を行おうと
しても、条件が悪い・・・ということも多々あります。

それに比べ、折れてしまった・・・といった理由で歯を
抜かなくてはいけなくなる場合の多くは、比較的
周りの骨が残っていてインプラントによって治療を行うのに
適している・・・ということが言えます

さて・・・このケース・・・

Implant & Ceramic 11 Pre Ope.

見ての通り・・・前歯が折れてます!

良く診査してみると深いところまで亀裂が入っていて
歯を残すことができません・・・

で・・・抜歯を行いインプラントを入れてセラミックを被せると・・・

Implant & Ceramic 11 Post Ope.

綺麗に前歯が回復しました・・・

単に綺麗な歯が入った・・・というだけでなく
周りの歯ぐきも、周囲と調和して、自然感があります

これは・・・周りの骨があまり損傷を受けていない状態で
インプラント治療に移行したことが、大きく影響しています!

このようなケースは、しっかりとした診断と方法を持って行えば
インプラント治療によって、機能の回復のみならず、審美面の
改善も良好に行うことができます!

インプラント治療も審美歯科治療も、そして歯科医療全体が
どんどん進化し続け、患者様にとってメリットのある状態に
なってきていますね・・・(^^)

抜歯した後に、すぐに歯が入る治療・・・

今週末は寒波の影響で・・・
多少寒くなってきていますね(++)
雪までは降りそうにないですが・・・

さて・・・インプラント治療について・・・

何らかの理由で歯を抜かなくていけなくなってしまう
患者様は、沢山いらっしゃいます

そして、抜いてしまったところの噛み合わせを
インプラント治療によって行うことになる患者様は
非常に多くいらっしゃいます

その時に問題となってくるのが・・・
治療中に、歯が抜けたままだと・・・困ってしまう!
・・・ということです・・・

特に、前歯がなくて歯抜け状態だと、さすがに
普段の生活において多大な影響がでます
食べにくいこともあるでしょうが、しゃべりにくいことや
なによりも見た目が大問題ですよね・・・(++)

当クリニックにおける治療においても、なんらかの形で
仮の歯を入れるようにするわけですが・・・

現在は、昔と違い・・・その辺りの治療の技術やシステム、
材料や器具などが進化して、歯を抜いたその日のうちに
歯を入れることができる(仮の歯ですが・・・)ことが
多くなってきています

たとえば、この症例・・・

下顎の前歯がグラグラです・・・
抜かなくてはいけません

術前

昔であれば、抜いた後、しばらく待ってから
インプラント治療・・・となるわけで、その間は
歯がない状態で我慢していただくか、取り外しの
入れ歯を作って使っていただくか・・・
なんてことになるわけですが・・・

抜歯と同時にインプラントを入れたところ・・・

インプラント埋入

そして・・・その部位に、仮の歯をつけました!

Tec装着

これは、抜歯も含めて数時間でおこなっている治療です・・・

抜歯をして、歯がない状態でクリニックからお帰りいただく
わけではなく、抜歯の直後に、固定式の歯を入れてから
お帰りいただくわけです・・・

全ての症例にこのようなことができるわけではありませんが、
現在はこのような治療もできるようになっているということです

患者様にとって・・・不快な状態が少なくてすむように
このような治療法を選択していくことが、大変有意義なことであると
思いますし、これからもさらに技術革新は進むと思いますから、
僕らも心して勉強していかなくてはいけませんね!(^^)

歯周病菌が心筋梗塞や脳梗塞を起こす?

この冬は・・・本当に雪が降らず、
暖冬だと言われていますが・・・
今朝から随分と冷え込んできました

ここ富山では、なんだかちょっと
雪まじりの雨が・・・(++)
ホント・・・寒いです

急に倒れて!!!・・・なんて方が
出てくるのも、こういう寒い時期が
多いですよね・・・

脳梗塞や心筋梗塞など・・・血管系の
病気による発作・・・ホント怖いです

さて・・・歯周病菌がそういった病気に
少なからず関係していることをご存知ですか?

※日本臨床歯周病学会より引用

狭心症・心筋梗塞

動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、
ストレスなどの生活習慣が要因とされて
いましたが、別の要因として歯周病原因菌
などの細菌感染がクローズアップされて
きました

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を
誘導する物質が出て、血管内にプラークが
出来、血液の通り道は狭くなります
プラークが剥がれて血の固まりが出来ると、
その場で血管が詰まったり細いところで
詰まります

脳梗塞

脳の血管のプラークが詰まったり、頸動脈や
心臓から血の固まりやプラークが飛んで来て
脳血管が詰まる病気です
歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞に
なりやすいと言われています

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、
動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は
より重要となります

・・・という風に知られています

是非是非、お口の中の環境を整えることの
重要性を認識していただき、しっかりとした
治療を受け、メンテナンスを継続されることを
おすすめします!!!

前歯のインプラント治療・・・昨日は勉強会

昨日は火曜日!!!
毎週火曜日に行っている有志会勉強会でした

今年第一回目の有志会!
様々な症例をみんなで見ながら、前歯における
インプラント治療の勉強でした!

昔に行われていたインプラント治療とは違い
現在では、CT撮影などによって診断技術が変化し
治療の手技や器具器材も目覚ましい進化をとげ
インプラント治療は歯を失った方にとって
素晴らしい治療方法として確立されてきています

例えば・・・この症例

前歯インプラント1

上の真ん中の前歯二本のうち、向かって右側の歯が
無い状態です

歯の無いところには、インプラントを入れました

で、真ん中二本の歯にセラミックの歯を被せると・・・

前歯インプラント2

このように!!!綺麗に歯がよみがえりました

前歯インプラントX-P

レントゲンで見ると、インプラントが入っているのが
よくわかります!!!

現在のインプラント治療は、単に歯を失ったところに
インプラントを植えて、人工の歯を被せておしまい!
・・・というのではなく

周囲の歯茎や天然の歯との調和・・・というものも
考えたものでなくてはいけません

前歯インプラント2

そのための診断、治療、そしてメンテナンス・・・
すべてが、進化しています

勉強会では・・・さらにみんなで研鑽を積みながら
頑張っていきたいと思います(^^)

明けましておめでとうございます!(^^)

明けましておめでとうございます!
今日から新年の診療、スタートです

IMG_0399

クリニックの今週のお花も・・・
新年っぽい飾りになっています(^^)

昨年まで積み上げて来たものに
さらに磨きをかけ、さらなるレベルへと
臨床、診療の段階を引き上げていく
所存でありますので、よろしく
お願いいたします

さぁ〜〜〜て・・・

ふぁいとぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

今日は仕事おさめ!!!

今日の午前中で、今年の診療を終えました!

で・・・お昼はスタッフ一同集まって、
弁当開いてランチでしたぁ〜(^^)

IMG_0334

さぁ〜て・・・午後は、大掃除!!!

来年の診療は、4日(月)から開始です

今年はありがとうございました!
来年もさらに精進して進んでいきます

頑張りまぁ〜ス(^^)

CTの撮影データを活用するインプラント治療

当クリニックは、インプラント治療を必要とする
患者様が数多くおみえになります

比較的難易度の低いインプラント治療の方もいれば
顎の骨が極度に吸収していて、そのままでは
インプラントを入れることができないような
非常に難しい症例の方もいらっしゃいます

いずれにしても、インプラントを顎の骨の中に
正確に埋める手術をすることが大事です

で・・・当クリニックでは、インプラントを行う
患者様は、必ずCT撮影を行い、そのデータを
コンピューターに移し、映像データ上で、
実寸のインプラントを埋めるシミュレーションを
行います!

最終的にどのような噛み合わせをつくるか?
ということを想定した上で、最適なポジションを
見極めて、インプラントの手術の計画を立てる
わけです

例えば・・・これ!

IMG_0330

上顎に歯が一本もない、総入れ歯を入れてらっしゃる
患者様のケースです

画面に現れている歯は、こちらで理想的な歯並びを
想定して、患者様の顎の骨のCTデータと重ねた
ものです・・・

そのデータ上に、インプラントを入れる位置を
プランニングしてあるのです・・・

そして、この患者様は、このデータから作製される
ガイド・・・というマウスピースを使って手術を
するのです!

つまりコンピューターで計画した位置に、正確に
インプラントを植えることができるのです

現在、歯科医療は・・・デジタル技術を応用する事で
飛躍的に進化してきています

このインプラント手術の方法も、その一つです

しっかりやっていきたいと思います!

インプラント専門医とは?

今朝は寒かったですねぇ〜(++)
年内の診療も残すところあと少しです・・・

頑張ります(^^)

 

さてさて・・・今日は・・・

世に、医療関係の専門医・・・というのがいっぱいありますが
歯科における専門医!はどうなのか?

うちのクリニックはインプラントを希望される患者様が
多いですし・・・よく聞かれることでもあるので、
インプラント専門医・・・に関して・・・(^^)

歯科医師の資格は国家資格であり、歯科治療を行う上で
必要なライセンスであるわけですが・・・
インプラント専門医の資格を持ち合わせていなければ
インプラント治療をしてはいけない!ということではありません

歯科医師免許を所有していれば、インプラント治療を行うことは
可能です!!!

しかし・・・インプラントを含めて、専門性の高い治療は
やはりその特殊性を理解し、専門の知識と技術を習得した
専門医が行うということは、大変重要なことかと思います

また、一口に専門医!と言っても、色々種類があります!

そういうことに関して・・・ちょっと書いてありますので
ご興味があれば、僕の書いた内容ですが、以下のページを
覗いてみてください!(^^)

インプラントの専門医とは?

ではでは・・・

 

年内の手術はすべて終了ぉ〜!!!

Xmasですねぇ〜・・・(^^)
明日から数日・・・雪マークも出ていますが
今のところ・・・ホント、暖冬!って
感じですね(^^;

さて・・・当クリニックの手術の予定は
すべて終了しました!
※診療は、29日の午前中までやっています

image

このオペ室も・・・本当にフル稼働してくれました

多くの患者様の手術をここで行いました
本当にお疲れさまでした・・・

来年もまたお世話になります!

さぁ〜て・・・
外科処置以外の診療はまだ続きます!(^^)
年末にむけてまだまだ頑張ります!!!

Merry Christmas!!!

クリスマスですねぇ〜(^^;年の瀬の診療・・・

今日はイヴですね!!!
ここ富山は、雪もなく、ホワイトクリスマス
ってわけにはいきませんでしたが、今日は
家族や友達と盛り上がる方々・・・いっぱいで
しょうねぇ〜(^^)

毎週のクリニックの花も・・・まさに
クリスマスって感じです(^^)

image

で・・・12月ももうちょっと・・・
年末年始のお休みが近くなると・・・
診療にも色々配慮すべき点が・・・

お休み中に不都合を感じることが出来るだけ
無いように、患者様と相談して、治療の
進め方は考えなくてはいけません

忙しくバタバタするこの時期(++)
しっかりと患者様とコミュニケーションを
とりながら、やっていきたいと思います

さぁ〜て・・・ふぁいと(^^)

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年12月21日(木)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^