医院の紹介

ブログ

前歯が・・・すきっ歯!で・・・セラミック治療

さぁて・・・今日は・・・
セラミック治療について・・・

前歯が、すいていて(間が空いていて)・・・
気にしていらっしゃる方は、結構いらっしゃいます

たとえば・・・このような状態

IMG_0802

上の前歯も、下の前歯も・・・どちらもすき間が
空いていて・・・見た目によろしくない(++)

歯列矯正治療を行って、間を閉じる・・・と
いうことも可能ですが、このように歯が小さくて
すき間が空いている場合に、歯のすき間を閉じると
全体的に歯の並ぶアーチを小さくするため
歯が全体的に内側に入ってきます

歯は、唇やほっぺた、そして内側の舌・・・という
筋肉組織の力によって、その位置の安定を保って
います

ですので、無理矢理内側に入れてしまうと
その後ずっと・・・それに抵抗するように
舌で内側から前歯を外側へ押し続けることになり
せっかく矯正して並べた歯並びが、安定せずに
またすき間が空いてくる・・・ということに
つながりかねません(><)

患者様の舌や唇の動きなど諸条件を診た上で
決めなくてはいけませんが、このケースでは、
前歯の表面を一層削って、セラミックをはりつける
ラミネートベニア・・・という方法をとりました

で・・・治療して数年後の写真が・・・

IMG_0805

メンテナンスにちゃんと通っていただいている
わけですが・・・非常に安定した状態です

セラミック・・・

この材料は、どんどん進化してきて
今や歯科治療に欠かせないものになりました

さらに勉強し、臨床に有効に活用して
いきたいと思います!!!

 

インプラントのパンフレットを無料で差し上げます。

次回開催日は

2017年10月25日(水)

ノーベルガイドプランニング教室

世界で注目のAll-on-4を開発したマロクリニック東京と提携しています

All-on-4 という治療法を開発した
Dr. マロのクリニックが
東京の銀座にあります。
当クリニックはこのマロクリニック東京と提携を組んでおり、さまざまな難易度の高いインプラント治療にも対応
できるようになっています。

マロクリニック東京

最新記事

院長ブログ 歯のお話や医院からの情報更新中!

スタッフブログ

歯科衛生士が教えます!知って得する 歯科コラム

メディア掲載情報

スタッフ募集

問診票ダウンロード

わからない用語があればこちら歯科用語集

スルガ銀行

^